ハーバードの研究チーム、医薬運搬その他の機能を持つDNA多面体実現

2014
7月 23
(水)
17:00
遺伝子研究のライフサイエンスニュース

ハーバードの研究チーム、医薬運搬その他の機能を持つDNA多面体実現

微細DNA技術の発展でナノテクノロジーもナノテクノロジストだけの分野ではなくなってきた。ハーバードのWyss Instituteの研究チームが、細菌1個の10分の1という幅の自己集合型DNAケージ作成に成功した。2014年3月13日付Science誌オンライン版に掲載された研究報告で、このケージ構造はDNAだけで組み立てられたものとしてはもっとも大きく、しかももっとも複雑な構造をしていると述べている。さらに、研究チームはDNAベースの超解像顕微鏡法を用いてこのケージ構造を視覚化、溶液中の完璧な人工DNAナノ構造の鮮明な立体光学画像を作ることに成功した。将来的には、DNAケージにコーティングし、内容物を封じ込めたり、体内組織に送り込むために薬剤を梱包することもできるようになる可能性がある。そればかりか、このケージに化学的なフックを付けて戸棚のように改造し、タンパク質や金ナノ粒子などのコンポーネントを引っかけておくこともできる。この方法で、超小型の発電所、専門用途の化合物を製造する微小工場、異常組織がつくり出す分子を検出することによって疾患を診断できる高感度フォトニック・センサーなど様々なテクノロジーをつくり出すことができる。Wyss InstituteのCore Facultyメンバーで、Harvard Medical SchoolのSystems Biology准教授を務め、この研究論文の首席著者でもあるPeng Yin, Ph.D.は、「このテクノロジーには大きな可能性がある」と語っている。

 

続きを読む
ログインしてください


    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    « »

    閲覧(2923)

    おすすめ製品・サービス

    Celsee Diagnostics CTC(Circulating Tumor Cell)キャプチャー検出システム
    独自のマイクロ流体回路によるCTCs(Circulating Tumor Cells)キャプチャー・検出システム  米国では年間60万人近くが癌関連で亡くなると推計されています。癌関連死の90%は転移によるものです。現在、癌の転移を検出するための標準的な手法は、生検(生体組織診断またはバイオプシーとも呼ばれます)です。 しかしながら、生検は時間がかかる上、痛みが伴う等患者への負担が大きく、さらに費用の問題もあります。 従来の生検に代わる転移検出法として、血液等の体液を用いたリキッドバイオプシー(Liquid biopsy)が注目されています。 癌患者の体内では、癌組織由来の微量の細胞が血中やリンパ液中に浸潤し、体内を循環していることが知られています。 それらの細胞は血中循環腫瘍細胞(Circulating Tumor Cells; CTCs)と呼ばれます。 CTCsは ...

    おすすめ製品・サービス

    GenTegra 核酸安定化プロダクト
    核酸サンプルの長期室温安定保存が実現GenTegra社の特許取得済みの核酸保存用製品GenTegra(精製したDNA・RNA)およびGenPlate(血液サンプル)は、室温での多サンプルの長期保存や輸送に大変便利にお使い頂けます。
    運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
      登録ユーザー数
      3060人
      2018年09月20日 現在
      新メンバー
      Yoshihir 2018/9/19
      Koko123 2018/9/18
      ronbarut 2018/9/16
      chiccaco 2018/9/14
      Shimoda 2018/9/14
      tw411015 2018/9/12
      FYU1111 2018/9/11
      ViaVersa 2018/9/10
      6 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 6
      抗体よもやま話
      質量分析屋のネタ帳
      創薬よ何処へ

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。