ビーグル犬が97%の精度で患者血清から肺癌を嗅ぎ分けた

2019
7月 16
(火)
11:30
先端診断のライフサイエンスニュース

ビーグル犬が97%の精度で患者血清から肺癌を嗅ぎ分けた

レイク・エリー大学オステオパシー医学部の研究者らは、3匹のビーグル犬が肺癌を匂いで識別できることを明らかにした。これは、この病気特有のバイオマーカーを識別するための最初のステップだ。研究者らは、犬の能力が集団癌検診のための効果的で安全で安価な手段の開発につながるかもしれないと言う。
8週間の訓練の後、その優れた嗅覚受容体遺伝子で選択されたビーグル犬は、悪性肺癌患者から採取した血清サンプルと健常対照者を97%の精度で識別することができた。 この二重盲検法は2019年6月17日にThe Journal of the American Osteopathic Associationに掲載された。 このオープンアクセスの論文は、「犬の嗅覚による血中の非小細胞肺癌の検出精度(Accuracy of Canine Scent Detection of Non–Small Cell Lung Cancer in Blood Serum.)」と題されている。
「我々は犬を使い、紛れもないバイオマーカーを特定するまで匂いの層を分類している」とレイク・エリー大学オステオパシー医学部の教授であり、この研究の主著者であるThomas Quinn博士は述べています。 「まだまだたくさんの仕事があるが、我々は良い進歩を遂げている。」
犬を鼻の位置で血清サンプルを入れた部屋に導いた。 いくつかのサンプルは非小細胞肺癌の患者由来だ。 他のものは健常者のコントロールから採取した。 サンプルを徹底的に嗅いだ後、犬は癌の陽性所見を示すために座り、また何も検出されなかった場合は移動した。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(596)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



大容量の抗体精製に使用できる優れた結合能 Ab-Capcher 抗体精製アフィニティ磁気ビーズは、特許の高結合・アルカリ耐性 rProtein A 誘導体を結合したアフィニティ磁気ビーズです。 従来製品の約5倍の結合能とアルカリ洗浄による再使用ができるため、従来のアフィニティ磁気ビーズでは困難だった多量の抗体精製を簡便に行うことができます。 ラット・マウスをはじめ幅広い生物種の抗体精製にご利用いただけます。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3370人
2020年01月23日 現在
新メンバー
kuromits 2020/1/21
kimiya 2020/1/17
cacao 2020/1/16
miya3 2020/1/16
おにく 2020/1/13
HiroK 2020/1/12
SHUSE 2020/1/9
はじめまして 2020/1/9
fskyk 2020/1/9
JUN TANA 2020/1/5
うまごん 2020/1/4
MJkawa 2019/12/26
serendip 2019/12/26
kkkkkkkk 2019/12/22
A3aaaas 2019/12/20
61 人のユーザが現在オンラインです。 (53 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 61
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会