Nischarin発現細胞からのエキソソームは乳癌細胞の運動性と腫瘍増殖を減少させることが発見された。薬剤とNischarin発現エキソソームの併用で、優れた乳癌治療の可能性。

2019
2月 5
(火)
15:10
臨床医学のライフサイエンスニュース

Nischarin発現細胞からのエキソソームは乳癌細胞の運動性と腫瘍増殖を減少させることが発見された。薬剤とNischarin発現エキソソームの併用で、優れた乳癌治療の可能性。

米国ルイジアナ州立大学公衆衛生学(LSU Health)のSuresh K Alahari博士は、乳癌細胞の遊走や動きの制御など、さまざまな生物学的プロセスに関与する新規タンパク質、Nischarinを発見した。 彼の研究室は、Nischarinが腫瘍抑制因子として機能することを示した。この研究はより良い癌治療につながるかもしれない。
現在の研究で研究チームはエキソソーム放出におけるNischarinの機能を調べた。 エキソソームは、タンパク質を含むナノサイズの小胞であり、生理学的および病理学的プロセスの両方に関与する遺伝的および他の物質を含む。
腫瘍由来のエキソソームは、腫瘍の進行および癌の転移に関与する細胞間コミュニケーションのための様々なシグナル伝達メッセンジャーを含む。 腫瘍エキソソームは、腫瘍の微小環境内の様々な種類の細胞の相互作用に影響を及ぼし、腫瘍の発生、進行、および転移を制御する。 原発腫瘍はエキソソームを放出し、それが転移性癌細胞の播種および増殖を増強する。
この新しい論文は、2019年1月11日にCancer Researchに掲載され「Nischarin発現細胞由来のエキソソームは乳癌細胞の運動性と腫瘍増殖を減少させる(Exosomes from Nischarin-Expressing Cells Reduce Breast Cancer Cell Motility and Tumor Growth)」と題されている。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(714)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



Ab-Capcherは、従来の抗体精製プロテインAゲルでは限定された適応抗体生物種やプロテインGゲルの結合量の低さと言った問題点を一挙に解決した高性能プロテインA アガロースビーズ(ゲルカラム担体)です。 特にこれまで研究者のご不満の多かったラットやマウスのモノクローナル抗体も簡単・高純度に精製できます。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。

  •      

登録ユーザー数
3343人
2019年11月23日 現在
新メンバー
BOS2016 2019/11/23
ks1991 2019/11/21
ひろ 2019/11/14
すなねずみ 2019/11/12
ryuusei 2019/11/12
mommy 2019/11/12
akitsu-n 2019/11/11
Kunio 2019/11/8
kmatsu 2019/11/7
itohhh 2019/11/7
sugiyann 2019/11/6
daisuke 2019/11/6
mille 2019/11/5
Pengust 2019/11/1
c710082 2019/10/28
20 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 20
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会