眼の血管の発達を調節する光依存性分子パスウェイが発見された。未熟児網膜症と近視の未熟児の治療に光線療法の可能性を示す。

2019
4月 25
(木)
11:00
臨床医学のライフサイエンスニュース

眼の血管の発達を調節する光依存性分子パスウェイが発見された。未熟児網膜症と近視の未熟児の治療に光線療法の可能性を示す。

シンシナティ小児病院医療センターの研究チームによって、眼の中で血管の発達を調節する光依存性分子パスウェイが発見された。未熟児網膜症(ROP:retinopathy of prematurity)と近視(近視眼症)の未熟児を救うために光線療法を使うことが可能になるかもしれないことを示唆している。

2019年4月1日にNature Cell Biologのオンラインで発表されたこの論文のタイトルは「オプシン5-ドーパミン パスウェイが眼の光依存性血管発達を媒介する(An Opsin 5–Dopamine Pathway Mediates Light-Dependent Vascular Development in the Eye.)」と題されている。

オプシン5-ドーパミン パスウェイと呼ばれる新しい分子プロセスは、目の血管発達が視覚機能のために準備を行い、適切なバランスをとるプロセスを助けている。医学的に脆弱な未熟児ではこのプロセスのバランスが崩れることがある。研究者たちは、しばしば起こり得る未熟児網膜症(ROP)および近視として知られる眼疾患を予防または治療する方法を探していた。近視は世界中の成人で珍しくない。

シンシナティ小児病院医療センターのビジュアルシステムズグループディレクター、Richard A. Lang博士は、次のように述べている。「オプシン5-ドーパミン パスウェイはおそらく近視のような病気の光依存性疾患プロセスの一部であることが示唆された。これは、未熟児が生まれた後や近視の人の未熟児網膜症のような状態を治療するために、光線照射が有効かもしれないことを示唆している。」

この新しい研究は、シンシナティのLang博士のチームによって導かれ、米国とチェコ共和国の研究機関の共同研究成果だ。研究者らは、出生後のマウスにおける眼の発生とオプシン5-ドーパミン パスウェイの影響を研究するために様々な科学的方法を用いた。 Lang博士は、オプシン5は種進化の連鎖において高度に保存されており、データのヒトへの潜在的な関連性は高いと述べた。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(380)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



デッドボリュームわずか 6uL の次世代ディスペンサー MANTIS はマイクロダイアフラムポンプ搭載の分注ヘッドが6種類の異なるサンプル試薬を高精度自動分注します。弊社独自のマイクロダイアフラムはポンプ内の液量を固定化することで精密な分注を実現します。エアフローによりダイアフラムポンプを開閉するのでサンプル試薬の非接触超精密分注を可能にし、クロスコンタミを回避します。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3225人
2019年05月25日 現在
新メンバー
PT knz 2019/5/24
mayopi 2019/5/23
pinal 2019/5/23
Araragik 2019/5/22
hirotomo 2019/5/21
はっつ 2019/5/20
spin12 2019/5/19
しみー 2019/5/19
tomitomi 2019/5/15
Picori13 2019/5/14
ihavenam 2019/5/14
kazuya 2019/5/13
yushino 2019/5/12
Cosmo 2019/5/10
ribozo 2019/5/9
16 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 16
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。