眼の血管の発達を調節する光依存性分子パスウェイが発見された。未熟児網膜症と近視の未熟児の治療に光線療法の可能性を示す。

2019
4月 25
(木)
11:00
臨床医学のライフサイエンスニュース

眼の血管の発達を調節する光依存性分子パスウェイが発見された。未熟児網膜症と近視の未熟児の治療に光線療法の可能性を示す。

シンシナティ小児病院医療センターの研究チームによって、眼の中で血管の発達を調節する光依存性分子パスウェイが発見された。未熟児網膜症(ROP:retinopathy of prematurity)と近視(近視眼症)の未熟児を救うために光線療法を使うことが可能になるかもしれないことを示唆している。

2019年4月1日にNature Cell Biologのオンラインで発表されたこの論文のタイトルは「オプシン5-ドーパミン パスウェイが眼の光依存性血管発達を媒介する(An Opsin 5–Dopamine Pathway Mediates Light-Dependent Vascular Development in the Eye.)」と題されている。

オプシン5-ドーパミン パスウェイと呼ばれる新しい分子プロセスは、目の血管発達が視覚機能のために準備を行い、適切なバランスをとるプロセスを助けている。医学的に脆弱な未熟児ではこのプロセスのバランスが崩れることがある。研究者たちは、しばしば起こり得る未熟児網膜症(ROP)および近視として知られる眼疾患を予防または治療する方法を探していた。近視は世界中の成人で珍しくない。

シンシナティ小児病院医療センターのビジュアルシステムズグループディレクター、Richard A. Lang博士は、次のように述べている。「オプシン5-ドーパミン パスウェイはおそらく近視のような病気の光依存性疾患プロセスの一部であることが示唆された。これは、未熟児が生まれた後や近視の人の未熟児網膜症のような状態を治療するために、光線照射が有効かもしれないことを示唆している。」

この新しい研究は、シンシナティのLang博士のチームによって導かれ、米国とチェコ共和国の研究機関の共同研究成果だ。研究者らは、出生後のマウスにおける眼の発生とオプシン5-ドーパミン パスウェイの影響を研究するために様々な科学的方法を用いた。 Lang博士は、オプシン5は種進化の連鎖において高度に保存されており、データのヒトへの潜在的な関連性は高いと述べた。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(775)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



リン酸塩緩衝液でのLC/MSを可能にするオンライン脱塩チューブ(ディスポ)、流量0.3ml/min 対応! HPLCと質量分析計の間に接続するだけで、移動相溶媒中のリン酸塩やトリフルオロ酢酸、微量に含まれるアルカリ金属などをオンライン・リアルタイムに除去できます。ラインナップは以下の三種類。CFAN(アニオン交換+カチオン交換):リン酸塩緩衝液のオンラインLC/MS測定CFOO(アニオン交換):リン酸、リン酸アンモニウム溶離液のオンラインLC/MS測定 トリフルオロ酢酸によるイオン化阻害の改善OOAN(カチオン交換):Naなどの付加イオンの削減もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3369人
2020年01月19日 現在
新メンバー
kimiya 2020/1/17
cacao 2020/1/16
miya3 2020/1/16
おにく 2020/1/13
HiroK 2020/1/12
SHUSE 2020/1/9
はじめまして 2020/1/9
fskyk 2020/1/9
JUN TANA 2020/1/5
うまごん 2020/1/4
MJkawa 2019/12/26
serendip 2019/12/26
kkkkkkkk 2019/12/22
A3aaaas 2019/12/20
Type R 2019/12/17
45 人のユーザが現在オンラインです。 (36 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 45
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会