CRISPR/Cas9に天然オフスイッチ発見。ゲノム編集の制御が可能に。

2017
1月 25
(水)
17:00
遺伝子研究のバイオニュース

CRISPR/Cas9に天然オフスイッチ発見。ゲノム編集の制御が可能に。

CRISPR/Cas9ゲノム編集で、生物医学研究の変革が急速に進んでいるが、この新技術はまだ正確さに欠ける。この技術では、誤ってゲノムの変更をやり過ぎたり、望まない変更をしてしまったりして目的外の変異を起こすことがあるため、治療技術として安全性と有効性に欠ける面がある。2016年12月8日付Cell誌オンライン版に掲載された新研究論文によると、University of Massachusetts (UMass) Medical SchoolとUniversity of Torontoの研究チームが、初めてCRISPR/Cas9の「オフスイッチ」を発見しており、それによってゲノム編集の制御がはるかにやりやすくなる。Cell誌に掲載されたこの論文は、「Naturally Occurring Off-Switches for CRISPR-Cas9 (CRISPR-Cas9に天然のオフスイッチ)」の表題で発表されている。

UMass Medical School, RNA Therapeutics Instituteの教授、Erik J. Sontheimer, Ph.D. (写真)、Professor of Molecular GeneticsのAlan Davidson, Ph.D.、University of TorontoのAssistant Professor of Biochemistry、Karen Maxwell, Ph.D.は、Cas9酵素作用を阻害する3種の天然タンパク質を突き止めた。CRISPR抗体として知られるこの3種のタンパク質は、Cas9ヌクレアーゼによるDNA切断を阻止する能力がある。Dr. Sontheimerは、「CRISPR/Cas9そのものは特定の染色体の切断を引き起こすものであり、ゲノム編集に使える有用なものではあるが、染色体の切断は危険でもあり、いいものも過剰になったり、あまり長く続けると危険にもなりえる。Cas9が一旦細胞に入り込むと、これをターンオフする信頼できる手段はほとんどない。だから、適正な編集が終わった段階でスイッチオフすることができれば問題は解決する。この研究論文では私たちが初めて見つけた天然のCas9活動阻害物質について報告している」と述べている。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(3194)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    タンパク質分離をより確かに - タンパク質の分離に関わる様々な問題を解決する新規カラム BioResolve RP mAb Polyphenyl カラムのイメージ BioResolve RP mAb Polyphenyl カラム 高い分子量と、複雑な構造をもつタンパク質の分析には多くの困難が伴います。 粒子径2.7 μmのソリッドコアパーティクル、新規官能基を採用することにより、分離の向上のみならず、キャリーオーバーの改善も実現させ、同時に、タンパク質の逆相分離で一般的に用いられる高温、イオンペア試薬に由来する問題も低減します。 また、ガードカラム、タンパク質分析に特化したスタンダードもラインアップしており、初めてタンパク質分析を行う際にも安心な手順書、分析例など、サポートも充実しています。もっと読む

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム