CRISPR/Cas9に天然オフスイッチ発見。ゲノム編集の制御が可能に。

2017
1月 25
(水)
17:00
遺伝子研究のライフサイエンスニュース

CRISPR/Cas9に天然オフスイッチ発見。ゲノム編集の制御が可能に。

CRISPR/Cas9ゲノム編集で、生物医学研究の変革が急速に進んでいるが、この新技術はまだ正確さに欠ける。この技術では、誤ってゲノムの変更をやり過ぎたり、望まない変更をしてしまったりして目的外の変異を起こすことがあるため、治療技術として安全性と有効性に欠ける面がある。2016年12月8日付Cell誌オンライン版に掲載された新研究論文によると、University of Massachusetts (UMass) Medical SchoolとUniversity of Torontoの研究チームが、初めてCRISPR/Cas9の「オフスイッチ」を発見しており、それによってゲノム編集の制御がはるかにやりやすくなる。Cell誌に掲載されたこの論文は、「Naturally Occurring Off-Switches for CRISPR-Cas9 (CRISPR-Cas9に天然のオフスイッチ)」の表題で発表されている。

UMass Medical School, RNA Therapeutics Instituteの教授、Erik J. Sontheimer, Ph.D. (写真)、Professor of Molecular GeneticsのAlan Davidson, Ph.D.、University of TorontoのAssistant Professor of Biochemistry、Karen Maxwell, Ph.D.は、Cas9酵素作用を阻害する3種の天然タンパク質を突き止めた。CRISPR抗体として知られるこの3種のタンパク質は、Cas9ヌクレアーゼによるDNA切断を阻止する能力がある。Dr. Sontheimerは、「CRISPR/Cas9そのものは特定の染色体の切断を引き起こすものであり、ゲノム編集に使える有用なものではあるが、染色体の切断は危険でもあり、いいものも過剰になったり、あまり長く続けると危険にもなりえる。Cas9が一旦細胞に入り込むと、これをターンオフする信頼できる手段はほとんどない。だから、適正な編集が終わった段階でスイッチオフすることができれば問題は解決する。この研究論文では私たちが初めて見つけた天然のCas9活動阻害物質について報告している」と述べている。

 

続きを読む
ログインしてください


    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    « »

    閲覧(2232)

    おすすめ製品・サービス

    Greenpharma ヒト内在性リガンドライブラリ
    化学的に多様な骨格のヒト内在性リガンドが400化合物含まれたライブラリ  Greenpharmaヒト内在性リガンドライブラリは、オーファン受容体の研究におけるリガンド探索や、新しい疾患代謝経路の解明に有用です。 ドラッグディスカバリーでは強いアフィニティー分子の中からヒットを選ぶので後のオプティマイズや工夫が困難であったり、他社と似通った化合物やターゲットでHTS(High Throughput Screening)を行うのでヒット率の低さが課題となっています。 Greenpharmaヒト内在性リガンドライブラリを用いれば、程良いアフィニティー(10nM - 1μM)で且つ化学的に多様な骨格の、毒性の無いオプティマイズ可能な新規リード分子の探索が可能です。 弊社専門家集団(生物学者、薬理学者、メディシナルケミストら)がバリデートした、無毒性でオプ ...

    おすすめ製品・サービス

    SKi Pro System LC/MS接続可能な生体分子間相互作用解析装置
    質量分析装置とのインテグレーションにより相互作用分子の同定をも可能にする画期的な生体分子相互作用解析システムSilicon Kinetics社の開発したSKi Pro Systemは、LC/MS(質量分析計)に接続できる生体分子間相互作用解析装置です。 アフィニティの弱い低分子からアフィニティの強い抗体まで幅広いアフィニティレンジを網羅的に解析することが可能です。SKi Pro Systemは、通常の表面プラズモン共鳴(SPR)法で用いられる平坦な表面のセンサーとは異なり、三次元構造のナノポアを有するシリコンチップ(3Dシリコンセンサーチップ)により、従来のSPR法より100倍以上広い分子結合面積を創り出すことに成功しました。またNanoPore Optical Interferometry(干渉分光法)を用いることで、ベースラインドリフトが僅か0.35RU/hと従来のSPR法に比べ極めて安定 ...
    運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
      登録ユーザー数
      3120人
      2019年01月16日 現在
      新メンバー
      ビリジェ 2019/1/16
      hosap 2019/1/15
      きょ 2019/1/13
      koyo yam 2019/1/13
      bu2-gin 2019/1/10
      くっすん 2019/1/10
      sho-ken 2019/1/9
      ねこじゃらし 2019/1/8
      14 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 14
      抗体よもやま話
      質量分析屋のネタ帳
      創薬よ何処へ

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。