Menaタンパク質バイオマーカーで、トリプル・ネガティブ乳がんの治療ガイドラインを支援

Menaタンパク質バイオマーカーで、トリプル・ネガティブ乳がんの治療ガイドラインを支援

MITの研究チームは、特に浸潤性の強い乳がん患者の場合に、もっとも一般的な抗がん剤の一つ、paclitaxel (商品名はTaxol) の治療効果の有無を判定する新しいバイオマーカーを突き止めた。このタイプの乳がんは、エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体、Her2タンパクという3種のもっとも一般的な乳がんマーカーを欠いているため、「トリプル・ネガティブ」と呼ばれており、医師が乳がんの治療で抗がん剤を選ぶ際にこの研究成果が大いに役立つことになる。



このバイオマーカーは、Menaと呼ばれるタンパク質でがん細胞が体内に広がるのを助けることが突き止められている。しかも、paclitaxelにMenaの効果を阻害する薬剤を合わせて投与すればpaclitaxel単独よりも効果があることも突き止めた。MIT Professor of Biologyを務め、Koch Institute for Integrative Cancer ResearchのメンバーでもあるDr. Frank Gertlerは、「経路を標的とする薬剤がMenaを発現する細胞のpaclitaxel感受性を回復するためだ。さらに、研究の結果、治療中はMenaのレベルをモニターしておいた方がいいということも分かった。もしレベルが上がっていくようなら、他の治療法に切り替えた方がいいようだ」と述べている。Dr. Gertlerは、この研究の首席著者であり、論文は2016年11月3日付Molecular Cancer Therapeuticsオンライン版に、「Mena Confers Resistance to Paclitaxel in Triple-Negative Breast Cancer (トリプル・ネガティブ乳がんがMenaによってPaclitaxel耐性獲得)」の表題で掲載されている。この論文の筆頭著者はKoch InstituteポスドクのDr. Madeleine Oudinが務めている。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー