手術不能な進行性メラノーマに対して、癌を殺すウイルス療法が有効であることが示された

2021
4月 30
(金)
10:30
創薬研究のバイオニュース

手術不能な進行性メラノーマに対して、癌を殺すウイルス療法が有効であることが示された

外科的に腫瘍を取り除けなかった進行したメラノーマに対して、新しい組み合わせの薬物療法が安全かつ有効であることが初期の結果で示された。この併用療法は、生きた風邪のウイルスであるコクサッキーウイルスが、癌細胞に感染して死滅させるという潜在的な価値を実証した初めての試みの一つであると研究者らは述べている。また、ニューヨーク大学ランゴーン・ヘルスのパールマター癌センターの研究者が中心となって実施した第1相試験では、このようなオンコロイドウイルスが、体の免疫防御システムが癌細胞を検出して殺すのを助け、広く使用されている癌治療法の作用を安全に高めることができることを示した初めての試験でもある。現在、このような免疫療法は、それを受けた患者の3分の1強にしかメラノーマの腫瘍を縮小させる効果がない。

今回の研究結果では、実験的なコクサッキーウイルス薬V937の注射を、ペンブロやキイトルーダとして知られる免疫療法薬のペンブロリズマブと併用することで、良好な忍容性が得られた。さらに、この併用療法は、少なくとも2年間、数週間ごとに治療を受けた36人の男女の約半数(47%)において、メラノーマの腫瘍を縮小させた。研究者らによると、発疹や疲労感などのほとんどの副作用は最小限であったが、13人(36%)の患者に肝臓、胃、肺で重篤な免疫反応が見られ、これはペンブロリズマブ単独で起こることが知られている副作用とは異なるという。4月10日に開催された米国癌研究会(AACR)2021年バーチャル年次総会(第1週:4月9日~14日、第2週:5月17日~21日)で発表された本研究では、両方の薬剤を投与された8名(22%)の患者が皮膚癌の兆候が残らない完全寛解に至ったことも明らかになった。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(390)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    デッドボリュームわずか 6uL の次世代ディスペンサー MANTIS はマイクロダイアフラムポンプ搭載の分注ヘッドが6種類の異なるサンプル試薬を高精度自動分注します。弊社独自のマイクロダイアフラムはポンプ内の液量を固定化することで精密な分注を実現します。エアフローによりダイアフラムポンプを開閉するのでサンプル試薬の非接触超精密分注を可能にし、クロスコンタミを回避します。もっと読む

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム