サイトスポンサー

レトロウイルス統合の最近の稀なケース: 感染性テナガザル白血病ウイルスがニューギニアのげっ歯類のゲノムに定着

レトロウイルス統合の最近の稀なケース: 感染性テナガザル白血病ウイルスがニューギニアのげっ歯類のゲノムに定着

レトロウイルスは、その遺伝子を宿主細胞のゲノムに組み込むことで増殖するウイルスです。感染した細胞が生殖細胞である場合、レトロウイルスは次世代に「内在性」レトロウイルス(ERV)として受け継がれ、その宿主種のゲノムの一部として広がることができます。脊椎動物では、ERVは普遍的に存在し、時には宿主ゲノムの10パーセントを占めることもあります。しかし、ほとんどのレトロウイルスの統合は非常に古く、既に劣化しているため不活性であり、その初期の宿主への影響は、数百万年の進化によって最小限に抑えられています。

ドイツのリープニッツ動物園・野生動物研究所(Leibniz-IZW)が率いる研究チームは、ニューギニアの齧歯類である白腹モザイクテールラットにおけるレトロウイルスの最近の症例を発見しました。PNASに掲載された論文では、この新しいウイルス統合のモデルを説明しています。このプロセスに関する観察は、レトロウイルスが宿主のゲノムをどのように書き換えるかについての理解を深めるのに役立ちます。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

生命科学出版部 発行書籍(Kindle本)