細菌とウィルスの腕の競い合いが、急速で複雑な進化への希少なチャンスを提供

細菌とウィルスの腕の競い合いが、急速で複雑な進化への希少なチャンスを提供

19世紀にチャールズ・ダーウィンによって考案された進化論は、種の適応が世代を経て徐々に受け継がれる遅い、段階的なプロセスとされています。しかし、今日の生物学者たちは、はるかに加速された時間スケールで進化の変化が展開する様子を目の当たりにしています。ダーウィンが進化論を形成するために研究したガラパゴス諸島の魅力的な植物や動物とは異なり、カリフォルニア大学サンディエゴ校・生物科学部のジョシュア・ボーリン博士(Joshua Borin, PhD)とジャスティン・メイヤー准教授(Justin Meyer, PhD)は、単純な実験室のフラスコで急速な進化プロセスを記録しています。ボーリン博士とメイヤー准教授は、共進化を実際に研究するため、細菌とウイルスを閉じた実験室のフラスコ内に設置しました。このフラスコはわずか2ティースプーンの大きさです。細菌がウイルスに感染すると、細菌は攻撃を退けるための新しい防御策を進化させます。それに対して、ウイルスはこれらの適応に対抗するために、新しい防御策を回避する自身の進化変化を行います。

わずか3週間で、細菌(大腸菌)とウイルス(バクテリオファージ、または「ファージ」とも呼ばれます)の間で、いくつかの進化的適応が生じます。2023年11月10日にScience誌に発表された新しい発見は、異なる進化的パターンの出現を明らかにしています。この論文のタイトルは「Rapid Bacteria-Phage Coevolution Drives the Emergence of Multiscale Networks.(急速な細菌-ファージ共進化が多スケールネットワークの出現を引き起こす)」です。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

生命科学出版部 発行書籍(Kindle本)