NORADとPUMILIOタンパク質がゲノム安定性とミトコンドリア機能の維持に重要な役割を果たしていることが判明 - プロジェリアなど早期加齢疾患に関与の可能性

テキサス大学(UT)サウスウエスタン校の研究者らは早期老化を防ぐ新しい遺伝子パスウェイを同定した。2019年2月8日にeLifeでオンライン公開されたこの研究は、ロングノンコーディングRNAをコードする遺伝子NORADの活性を調べた。この論文は「PUMILIOの多動性がノルアド欠乏マウスの早期老化を促進する(PUMILIO Hyperactivity Drives Premature Aging of Norad-Deficient Mice.)」と題されている。

  ログインしてください。