超長テロメアを持つマウスは、代謝老化が少なく寿命が長い。100%の細胞が超長テロメアであるマウスが誕生し前例のない結果に。

2019
11月 7
(木)
10:00
遺伝子研究のライフサイエンスニュース

超長テロメアを持つマウスは、代謝老化が少なく寿命が長い。100%の細胞が超長テロメアであるマウスが誕生し前例のない結果に。

10年前の偶然の発見により、スペイン国立癌研究センター(CNIO)の研究者は、その種で通常よりもはるかに長いテロメアをもつ最初のマウスを作製した。
テロメアと老化(テロメアは生涯を通じて短くなるため、古い生物はテロメアが短くなる)の関係を考えて、100%の細胞が非常に長いテロメアを持つマウスを生み出す研究を開始した。この研究成果は、2019年10月17日にNature Communicationsでオンラインで公開され、より良い健康状態で癌や肥満から解放されたとの肯定的な結果のみが示されている。
著者にとって最も関連性の高い結果は、遺伝子組み換えなしで初めて寿命が大幅に延長されたことだ。 「この発見は、寿命を決定する際に、遺伝子だけが考慮されるべきではないという考えを裏付けている」と CNIOテロメアおよびテロメラーゼグループ長、スペイン国立がん研究センター所長のMaria Blasco 博士は述べている。
このオープンアクセスの論文は「ハイパーロングテロメアをもつマウスは代謝の老化が少なく寿命が長い(Mice with Hyper-Long Telomeres Show Less Metabolic Aging and Longer Lifespans.)」と題されている。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(962)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



大容量の抗体精製に使用できる優れた結合能 Ab-Capcher 抗体精製アフィニティ磁気ビーズは、特許の高結合・アルカリ耐性 rProtein A 誘導体を結合したアフィニティ磁気ビーズです。 従来製品の約5倍の結合能とアルカリ洗浄による再使用ができるため、従来のアフィニティ磁気ビーズでは困難だった多量の抗体精製を簡便に行うことができます。 ラット・マウスをはじめ幅広い生物種の抗体精製にご利用いただけます。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3412人
2020年03月28日 現在
新メンバー
ReikoPom 2020/3/27
なすお 2020/3/27
K2azu 2020/3/24
サンライズ 2020/3/24
Tkawa 2020/3/23
aymmt 2020/3/21
koji1024 2020/3/21
HIRO111 2020/3/20
Yasushi 2020/3/19
Hiroakiu 2020/3/19
ベアダー 2020/3/16
t100114 2020/3/13
shushu 2020/3/12
AlParka 2020/3/12
SO-20220 2020/3/12
38 人のユーザが現在オンラインです。 (29 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 38
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会