匂いが強力に記憶を誘発する理由とは?新研究で初めて神経基盤を特定

2021
4月 5
(月)
08:00
脳科学のバイオニュース

匂いが強力に記憶を誘発する理由とは?新研究で初めて神経基盤を特定

マルセル・プルーストの小説「失われたときを求めて」にはマドレーヌで記憶がよみがえり紅茶のカップから記憶が溢れ出てくるという章があるように、匂いは強力に記憶を呼び起こすことができる。 ノースウェスタン大学ファインバーグ医学部の研究者らによって執筆された新論文は、脳がどのように匂いがそれらの記憶を非常に強力に引き出すことを可能にするかについての神経基盤を特定した最初のものである。
この論文は、海馬と人間の嗅覚領域との間の独特の接続性を示している。 この新研究は、脳の記憶領域への嗅覚による特権的アクセスの神経生物学的基礎を示唆している。 この研究では、視覚、聴覚、触覚、嗅覚などの一次感覚野と海馬の関係を比較し、嗅覚が最も強い接続性を持っていることが分かったという。 これは匂いから海馬までの高速道路のようなものだ。

ノースウェスタン大学ファインバーグ医学部の神経学助教授であるChristina Zelano 博士は、次のように述べている。 「視覚、聴覚、触覚はすべて、新皮質が拡大するにつれて脳内で再ルーティングされ、直接ではなく、中間の連合皮質を介して海馬に接続した。我々のデータは、嗅覚がこの再ルーティングを受けず海馬への直接アクセスを維持した ことを示唆している。」
2021年2月25日にNeurobiologyのオンラインで公開されたこの論文は「ヒトの海馬の接続性は他の感覚系よりも嗅覚が強い(Human Hippocampal Connectivity Is Stronger in Olfaction Than Other Sensory Systems)」と題されている。

COVID-19では、嗅覚喪失が蔓延しており、匂いが我々の脳にどのように影響するか(記憶、認知など)を理解することがこれまで以上に重要になっているとZelano 博士は述べている。 「COVID関連の嗅覚喪失の理由をよりよく理解し、喪失の重症度を診断し、治療法を開発するために、嗅覚系をよりよく理解することが緊急に必要だ」と、ノースウェスタン大学で神経学の博士号を取得した、筆頭著者で研究助教授のGuangyu Zhou 博士は述べた。「我々の研究は、嗅覚、嗅覚喪失、および将来の治療に関する基礎研究だ。」
以下は、匂いの感覚の重要性、嗅覚の研究、およびCOVID-19との関連に関するZelano博士との質疑応答だ。

なぜ匂いは鮮やかな記憶を呼び起こすのか?

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(411)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    リン酸塩緩衝液でのLC/MSを可能にするオンライン脱塩チューブ(ディスポ)、流量0.3ml/min 対応! HPLCと質量分析計の間に接続するだけで、移動相溶媒中のリン酸塩やトリフルオロ酢酸、微量に含まれるアルカリ金属などをオンライン・リアルタイムに除去できます。ラインナップは以下の三種類。CFAN(アニオン交換+カチオン交換):リン酸塩緩衝液のオンラインLC/MS測定CFOO(アニオン交換):リン酸、リン酸アンモニウム溶離液のオンラインLC/MS測定 トリフルオロ酢酸によるイオン化阻害の改善OOAN(カチオン交換):Naなどの付加イオンの削減もっと読む

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム