ヒトの突然変異の起源に長期的な方向性があることを初めて証明した画期的な研究成果。ネオ・ダーウィニズムを根底から覆す、進化の根本的理解に影響を与える可能性も。

ヒトの突然変異の起源に長期的な方向性があることを初めて証明した画期的な研究成果。ネオ・ダーウィニズムを根底から覆す、進化の根本的理解に影響を与える可能性も。

イスラエルとガーナの研究者チームによる新しい研究は、ヒトの遺伝子に非ランダムな突然変異が起きていることを初めて証明し、環境圧力に対する長期的な方向性のある突然変異反応を示すことで、進化論の中核をなす仮定を覆すものだ。ハイファ大学のアディ・リブナット教授率いる研究チームは、新しい方法を用いて、マラリアから身を守るHbS突然変異の発生率が、マラリアが流行しているアフリカ出身の人々の方が、そうでないヨーロッパ出身の人々より高いことを明らかにした。
2022年1月14日にGenome Research誌のオンライン版に掲載されたこの論文は、「適応と遺伝的疾患に関連するヒトHBB遺伝子領域における単一変異分解能でのDe Novo変異率(De Novo Mutation Rates at the Single-Mutation Resolution in a Human HBB Gene-Region Associated with Adaptation and Genetic Disease)」と題されている。

「1世紀以上にわたって、進化論の主役はランダムな突然変異に基づいている。今回の結果は、HbS変異がランダムに発生するのではなく、適応的に重要な意味を持つ遺伝子と集団の中で優先的に発生することを示している。」「我々は、進化は2つの情報源の影響を受けると仮定している。すなわち、自然選択である外部情報と、世代を経てゲノムに蓄積され突然変異の起源に影響を与える内部情報だ。」とリブナット教授は述べている。突然変異の起源に関する他の知見とは異なり、特定の環境圧力に対するこの突然変異特異的な反応は、従来の理論では説明できないものだ。

ヒトの突然変異の起源に長期的な方向性があることを初めて証明した画期的な研究成果。ネオ・ダーウィニズムを根底から覆す、進化の根本的理解に影響を与える可能性も。 ツイートする

おすすめの記事