茶樹のゲノム解読完了。お茶の風味とカフェイン生合成の独立進化の解明へ

2017
6月 28
(水)
11:00
植物研究のバイオニュース

茶樹のゲノム解読完了。お茶の風味とカフェイン生合成の独立進化の解明へ

一般的な茶にも紅茶、緑茶、烏龍茶、白茶、チャイなど様々な種類があるが、いずれもCamellia sinensis、一般的には茶樹と呼ばれる常緑低木の葉を原料としている。茶は文化的にも経済的にも重要でありながら、茶の葉の木についてはあまりよく知られていない。2017年5月1日付Molecular Plant誌オンライン版に掲載された茶樹のゲノム解析初稿を読めば、なぜ茶の葉には抗酸化物質やカフェインが豊富に含まれているのかが想像できるのではないか。このオープンアクセス論文は、「The Tea Tree Genome Provides Insights into Tea Flavor and Independent Evolution of Caffeine Biosynthesis (茶樹のゲノムが茶の風味とカフェイン生合成の独立進化解明の手がかりに)」と題されている。

茶樹が近縁種と遺伝学的にどう違うのかを理解すれば、茶園経営者もCamellia sinensisの葉はなぜユニークなのかということが分かるのではないか。このCamellia属には100を超える種があり、その中には庭木として栽培される種もいくつかあり、さらに、茶油を採るC. oleiferaがあり、茶の原料として商業的に栽培されているのは主として2種 (C. sinensis. var. assamicaおよびC. sinensis var. sinensis) があるだけである。中国Kunming Institute of Botany (中国科学院昆明植物研究所) の植物遺伝学者、Li-Zhi Gao (高立志), PhDは、「茶には様々な風味があるが、茶の風味を決めているのはどの遺伝子かと言うことは謎だ」と述べている。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(3601)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    生体試料中薬物濃度分析、高分子医薬品の定量で、更なる高感度を実現Xevo TQ-XSには、更なる高感度分析のために、最適化された様々なテクノロジーが搭載されており、より高感度が必要とされるバイオ医薬品やADC(抗体薬物複合体)の定量分析で、信頼性の高い結果を得ていただけます。もっと読む

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム