アフリカ睡眠病の原虫を人体の免疫系が攻撃しやすくする方法を発見

2016
2月 22
(月)
09:00
免疫学のライフサイエンスニュース

アフリカ睡眠病の原虫を人体の免疫系が攻撃しやすくする方法を発見

ある種の感染症は免疫系から逃れる機能を持っているため、治療が特に難しい。その一つに、ツェツェバエに媒介される原虫、ブルース・トリパノソーマを病原体とするアフリカ睡眠病があり、治療せずに放置すると死に至る。

このトリパノソーマ原虫は、ツェツェバエから哺乳動物に入り込み、やがて脳などの主要器官に侵入、睡眠サイクルを妨げるなどの症状を引き起こす。

このトリパノソーマはその生活段階で様々な形態を取ることが知られており、ハエの体内にいる時はプロサイクリンというタンパク質に覆われている。ところが、いったん哺乳動物の血流に入ると、この原虫は表面を糖タンパク質の層で覆い、この糖タンパク質層を常に変化させることで特定糖タンパク質を抗原と認識する免疫系の攻撃を逃れる。

New York CityのRockefeller UniversityにあるNina Papavasiliou, Ph.D.と、ノーベル賞受賞者、Günter Blobel's (M.D., Ph.D.) の研究室のポスドク研究員、Dr. Danae SchulzとDr. Erik Deblerの新しい研究で、哺乳動物の血流中のトリパノソーマを操り、ツェツェバエ体内での形態に固定することで、侵入してきた異物として人体の免疫系が攻撃しやすくする方法を発見した。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(2452)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



貴重なサンプルのための超低温保存ソリューションMDF-DU702VX-PJのイメージ MDF-DU702VX-PJ TwinGuard(デュアル冷却システム)を採用しています。-70℃まで冷却可能な独立冷凍回路2基(A/B)で-85℃運転。万が一片側冷凍回路にトラブルが発生しても、もう一方の冷凍回路で、約-70℃を維持します。 収納効率に優れる外扉断熱方式と、温度分布に有効な内扉を複合的に採用した新プラットフォームにより、従来機種と同様のフットプリントながら収納効率が約10%向上。700Lクラスで2インチのクライオボックスを576個収納可能です。 真空断熱材VIP Plusと新世代プラットフォームとの組み合わせによる断熱性能の向上により、消費電力を従来機種から約16%削減。ECOモードをセレクトすることで消費電力をさらに削減できます。 人間工学に基いた新開発 ...もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3412人
2020年03月29日 現在
新メンバー
ReikoPom 2020/3/27
なすお 2020/3/27
K2azu 2020/3/24
サンライズ 2020/3/24
Tkawa 2020/3/23
aymmt 2020/3/21
koji1024 2020/3/21
HIRO111 2020/3/20
Yasushi 2020/3/19
Hiroakiu 2020/3/19
ベアダー 2020/3/16
t100114 2020/3/13
shushu 2020/3/12
AlParka 2020/3/12
SO-20220 2020/3/12
37 人のユーザが現在オンラインです。 (25 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 37
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会