ニューロン活動を撮影する超小型頭部埋込蛍光顕微鏡開発にNIHが230万ドルの助成金

UCLAの5人の研究者チームが、研究プロジェクトに対してNIHの助成金を受けた。
この研究プロジェクトは、脳の神経回路の情報処理、エンコード、保存、読み出しの仕組みに対する理解を深めることになると考えられる。向こう3か年で230万ドルの資金が与えられるこの研究は、動物生体の神経回路網を傷つけることなく、その活動を記録する手法を開発することを目的としている。

  ログインしてください。