古代馬のDNAがユーラシア大陸と北米大陸の馬の間の遺伝子の流れを明らかにし、馬が進化した北米大陸と家畜化されたユーラシア大陸の古代馬集団のつながりを示す新事実を発見。

北米とユーラシア大陸で発見された馬の化石から採取された古代のDNAを調査した結果、両大陸の馬の集団は、ベーリング・ランド・ブリッジを介して、何十万年もの間、何度も行き来し、交配しながらつながっていたことが明らかになった。今回の発見は、最終氷期の終わりに北米で絶滅した馬と、最終的にユーラシア大陸で家畜化され、その後ヨーロッパ人によって北米に再導入された馬との間に、遺伝的連続性があることを示している。

  ログインしてください。