Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

精神病症状を持つすべての子どもたちに染色体マイクロアレイによるコピー数バリアント(CNV)検査を行うよう、ボストン小児病院の医師らが提言

ある6歳の男の子は、壁や学校のインターホンから、自分や他人を傷つけるような声を聞くようになり、幽霊、木の上のエイリアン、色のついた足跡を見たという。ボストン小児病院の精神科医であるジョセフ・ゴンザレス・ヘイドリッチ医学博士は、この少年に抗精神病薬を投与し、恐ろしい幻覚は止まった。別の子どもは4歳のとき、モンスターや大きな黒いオオカミ、クモ、顔に血を塗った男などの幻覚が現れたという。子どもは想像力が豊かなことで知られているが、本当の精神病の症状を持つことは極めて稀だ。染色体アレイ検査により、2人の子どもはコピー数変異体(CNV)を持っていることが分かった。これは、DNAの塊の欠失や重複を意味し、特定の形質について持っている遺伝子のコピー数が通常とは異なっていることを示している。
2022年8月24日、ボストン小児病院の早期精神病調査センター(EPICenter)を通じて、ゴンザレス・ヘイドリッチ博士と同僚のデヴィッド・グラーン博士、キャサリン・ブラウンシュタイン博士、その他のチームのメンバーは、早期発症精神病と呼ばれる、18歳以前に精神病症状が現れる子供と青年137人の遺伝学検査を行ったことを報告した。2022年8月24日に米国精神医学雑誌に掲載された彼らの知見に基づき、彼らは精神病症状を持つすべての子どもたちに染色体マイクロアレイ検査を行うよう促している。この論文は「早期発症の精神病と自閉症スペクトラム障害におけるコピー数変異の同程度の割合(Similar Rates of Deleterious Copy Number Variants in Early-Onset Psychosis and Autism Spectrum Disorder)」と題されている。


ゲスト 124人 と メンバー 2人 がオンラインです

New Members

Aki

OffLine
その他
2022年10月03日(月)

NakHar

OffLine
バイオテクノロジー企業
2022年09月26日(月)
製薬会社
2022年09月21日(水)

kazukin

OffLine
病院(大学病院以外)
2022年09月19日(月)

cocodekori

OffLine
研究機関(営利)
2022年09月18日(日)

Lyon-kun

OffLine
その他
2022年09月17日(土)

mseinox

OffLine
その他
2022年09月15日(木)

やすり

OffLine
製薬会社
2022年09月15日(木)
材料メーカー
2022年09月12日(月)
化学メーカー
2022年09月12日(月)

my1636

OffLine
食品メーカー
2022年09月09日(金)

ニー

OffLine
製薬会社
2022年09月05日(月)

FO

OffLine
受託試験ラボ
2022年09月01日(木)

uetaka13

OffLine
バイオテクノロジー企業
2022年08月31日(水)

RyuSan

OffLine
病院(大学病院以外)
2022年08月31日(水)

サイト統計

登録ユーザ数
3971 人
掲載記事数
3293 記事