Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

ロックフェラー大学の研究により、匂いを認識する受容体の仕組みに光が当てられた

1

あらゆる感覚は世界の豊かさに対応しなければならないが、嗅覚を司る嗅覚系の挑戦はその比ではない。虹のすべての色を感じるためには、目の中に3つの受容体があれば十分だ。しかし、色鮮やかな世界は、何百もの分子で構成され、形や大きさ、性質が大きく異なる何百万もの匂いを持つ化学の世界の複雑さに比べると見劣りする。例えば、コーヒーの香りは、200種類以上の化学物質の組み合わせから生まれる。それぞれの化学物質は、構造的に多様であり、どれかだけではコーヒーの香りはしない。ロックフェラー大学の神経科学者Vanessa Ruta博士(写真)は、「嗅覚系は、わずか数百個あるいはそれよりも少ない嗅覚受容体によって、膨大な数の分子を認識しなければならない。他の感覚器官とは異なるタイプの論理を進化させなければならなかったことは明らかだ」と述べた。Ruta博士らは、嗅覚受容体が働いている様子を世界で初めて分子レベルで捉え、匂いの認識に関する数十年来の疑問に答えを提示した。

ゲスト 1015人 と メンバー 25人 がオンラインです

New Members

ksks

OffLine
機械メーカー
2022年06月30日(木)

SS

OffLine
化学メーカー
2022年06月28日(火)

Hi

OffLine
製薬会社
2022年06月28日(火)

ISH

OffLine
化学メーカー
2022年06月28日(火)

Linlin

OffLine
その他
2022年06月27日(月)

YA

OffLine
研究機関(営利)
2022年06月27日(月)

KATO

OffLine
化学メーカー
2022年06月25日(土)
大学/大学院
2022年06月23日(木)

fuji

OffLine
製薬会社
2022年06月21日(火)
バイオテクノロジー企業
2022年06月20日(月)

Tetsu_99

OffLine
電機メーカー
2022年06月20日(月)
大学/大学院
2022年06月19日(日)

yamaguti

OffLine
大学/大学院
2022年06月18日(土)

unouno4

OnLine
大学/大学院
2022年06月16日(木)

かず

OffLine
大学/大学院
2022年06月13日(月)

サイト統計

ユーザ
3881
記事
3216