単一細胞RNAシーケンスとラマン分光法を組み合わせた細胞機能の長期追跡手法をMITの科学者らが開発

単一細胞RNAシーケンスとラマン分光法を組み合わせた細胞機能の長期追跡手法をMITの科学者らが開発

MITの研究者たちは現在、細胞のRNA発現を追跡して、がんの進行や胚発生のような長期的プロセスを調査しています。細胞内のRNAを全てシーケンスすると、その細胞の機能や特定の時点での活動に関する多くの情報が明らかになります。しかし、シーケンスプロセスは細胞を破壊するため、遺伝子発現の継続的な変化を研究することが困難です。

MITで開発された代替手法では、研究者が長期間にわたってこのような変化を追跡できるようになる可能性があります。新しい方法は、細胞に損傷を与えずに繰り返し実行できる非侵襲的なイメージング技術であるラマン分光法に基づいています。この技術を使用して、研究者は数日間にわたって胚性幹細胞が他のいくつかの細胞タイプに分化するのを監視できることを示しました。この技術は、がんの進行や胚発生などの長期的な細胞プロセスの研究を可能にし、将来的にはがんや他の疾患の診断に使用される可能性があります。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー