11,000年前の伝染性イヌがんゲノムの秘密

2014
3月 17
(月)
17:20
動物/家畜研究のバイオニュース

11,000年前の伝染性イヌがんゲノムの秘密

通常、がんは患者が死ぬと一緒にがん細胞も死んでしまうが、イヌのある種の性感染性がんはそうではない。2014年1月24日付Science誌に掲載された研究論文で、Director of the Sanger InstituteのProfessor Sir Mike Stratton (写真) の率いる研究チームは、11,000年にわたってイヌの体内で生きてきたこのがんのゲノムとその進化過程について述べている。この研究結果について、イヌ科遺伝子学専門家のDr. Heidi ParkerとDr. Elaine Ostranderが著した解説がScience誌の同じ号に掲載されている。研究チームは、イヌに伝染する性感染性器がんという現存する世界で最も古いがんのゲノム配列を解析した。
このがんは、世界中に見られ、イヌの性器にグロテスクな腫瘍ができるというもので、11,000年ほど前にただ一匹の犬がこのがんにかかったのが始まりである。そのイヌは死んだが、その前に交尾して他のイヌにがん細胞を伝染させており、がんは他の患者の中で生き残った。この11,000年の寿命を持つがん細胞のゲノムはこれまでに200万回の突然変異を繰り返しており、これはヒトのがんの大部分が1,000回から5,000回程度の突然変異しか繰り返していないことを考えるとケタ違いである。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(4940)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    明瞭でフェーズ問題解消のHLAタイピング NGS解析によるシングルアッセイ CareDx TruSight HLA v2 HLAタイピングのリーディングカンパニーであるCareDx社が提供するイルミナ社製のNGSベースのHLAタイピングキットです。 HLA-A, C, DQB1, DQA1 およびDPA1は遺伝子全長をカバーしており、HLA-Bはエクソン1からイントロン6まで、DRB1/3/4/5はエクソン2からイントロン4まで、DPB1はエクソンから3’UTRまでをカバーしています。 イルミナ社のMiniSeq, MiSeq, NextSeqに対応しており、高解像度で48時間以内に結果を得ることができます。専用の解析ソフトウェアTruSignt HLA Assign 2.1が付属 (試薬価格に含まれます)。もっと読む

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム