母親のミトコンドリア遺伝子が子供の老化に影響

2014
10月 8
(水)
19:50
遺伝子研究のライフサイエンスニュース

母親のミトコンドリア遺伝子が子供の老化に影響

人間は年を取るにつれて器官の機能が衰えるだけでなく、細胞レベルでも損傷が徐々に増えていく。その理由の一つとして、DNAのエラーが累積され、欠陥のある細胞が作られるようになることが挙げられる。ドイツのケルン所在Max Planck Institute for Biology of AgeingのDr. Nils-Goran Larsson率いる研究チームが、老化は生活の間のDNA損傷の累積によって決まるだけでなく、母体から受け継いだ損傷によるところもあることを突き止めた。同研究チームは、マウスを使った研究で母体から受け継ぐミトコンドリアDNAの突然変異が、生まれた瞬間から子供の老化過程に影響することを実証したのである。この研究論文は、2103年8月21日付「Nature」オンライン版に掲載されている。老化は複雑なプロセスであり、歳月を経るうちに身体の組織、細胞、分子の損傷が累積していき、最終的に器官の機能が衰え、死亡のリスクが高くなる。なぜ人によって老化の速さが異なるのかという疑問に対しては未だに解き明かされていない理由がいくつもある。それでも、細胞のエネルギー源であるミトコンドリアに起きる損傷は老化に対して特に重要と見られている。

Dr. Larssonは、ケルンのMax Planck Institute for Biology of AgingでDirectorを務め、ストックホルムのKarolinska Institute所属の研究者でもある。そのDr. Larssonが、同じKarolinska InstituteのDr. Lars Olsonとともにこの研究を指導した。Dr. Larssonは、「ミトコンドリアは、ミトコンドリアDNAまたはmtDNAと呼ばれる独自のDNAを持っており、細胞核中のDNAよりも変化が速い。これが老化プロセスに大きく影響しており、ミトコンドリア内の突然変異の多くが徐々に細胞のエネルギー生産を止めていく」と述べている。

これまでの研究では、「生活過程で累積される突然変異が老化過程に影響する」とされていたが、Dr. Larssonの部門の研究者、Dr. James Stewartは、「驚いたことに、母体のミトコンドリアDNAが私たちの老化に影響していることが突き止められた。マウスが母体から突然変異したmtDNAを受け継ぐと老化が早まることが明らかになった」と述べている。したがって、老化を引き起こすような突然変異が生まれた時から体内に存在しているのである。

老化の研究では、ミトコンドリアはすでに長年にわたって詳しく調べられてきた。細胞中のミトコンドリアは、環状DNAゲノムの何千という複製を持っており、これがたとえば呼吸鎖の酵素に重要なタンパク質をエンコードする。
細胞核中のDNAは両親から受け継がれるが、ミトコンドリアは精細胞ではなく、卵母細胞経由でのみ子供に受け継がれるため、ミトコンドリアDNAは母親の遺伝子に限られている。細胞中のミトコンドリアの無数にあるDNA分子は互いに無関係に突然変異し、mtDNA分子は正常なものも損傷を受けたものも次の世代に受け継がれる。

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(6790)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    リン酸塩緩衝液でのLC/MSを可能にするオンライン脱塩チューブ(ディスポ)、流量0.3ml/min 対応! HPLCと質量分析計の間に接続するだけで、移動相溶媒中のリン酸塩やトリフルオロ酢酸、微量に含まれるアルカリ金属などをオンライン・リアルタイムに除去できます。ラインナップは以下の三種類。CFAN(アニオン交換+カチオン交換):リン酸塩緩衝液のオンラインLC/MS測定CFOO(アニオン交換):リン酸、リン酸アンモニウム溶離液のオンラインLC/MS測定 トリフルオロ酢酸によるイオン化阻害の改善OOAN(カチオン交換):Naなどの付加イオンの削減もっと読む



サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

バイオビジネス参入を支援しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム