腸に届く善玉細菌の生存率を6倍以上にする技術をMITのチームが開発

腸に届く善玉細菌の生存率を6倍以上にする技術をMITのチームが開発

人間の消化器官には兆を数える細菌が棲み着いており、その多くが食物の消化を助けると共に有害な細菌と戦う役目を果たしている。最近の研究でそのような消化器官の細菌が糖尿病、心臓病、がんなどの人間の疾患に対して良いようにも悪いようにも影響していることが突き止められている。これらの細菌について解明を進めてきた研究者は、マイクロバイオームと呼ばれるこのような細菌群を利用して人間の健康改善に役立てることができるのではないかと考え始めている。

 そのような将来を予想し、MITの研究チームは大量の善玉細菌を人間の腸に送り込む方法を開発してきた。

2016年9月12日付Advanced Materialsオンライン版に掲載された論文はそのような方法について述べており、論文首席著者の一人で、MITのKoch Institute for Integrative Cancer Researchの博士研究員、Ana Jaklenec, Ph.D.は、「マイクロバイオームの理解が進めば、この輸送手段を用い、特定領域を標的にして、特定の細菌種を送り込むことができるようになる」と述べている。この論文は、「Layer-by-Layer Encapsulation of Probiotics for Delivery to the Microbiome (プロバイオティクスの交互積層カプセル化でマイクロバイオームに輸送)」と題されている。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー