優勢なアリの一属の進化過程、一度は新世界で、もう一度は旧世界で

優勢なアリの一属の進化過程、一度は新世界で、もう一度は旧世界で

323属ある世界のアリのほぼ1割がオオズアリ属 (Pheidole) に属する近縁種で占められている。沖縄科学技術大学院大学 (Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University) のProfessor Evan Economoは、「熱帯雨林を歩けば必ずオオズアリ属のアリを踏むことになる」と述べており、オオズアリ属は、熱帯雨林から砂漠まであらゆる気候の土地に生態的地位を持っている。しかし、これまでどのようにしてオオズアリ属の種が進化し、地上の全域に広がっていったのかという全地球的視点ではまったく解明されていなかった。Biodiversity and Biocomplexity Unit の研究者、Dr. EconomoとUniversity of Michiganの同僚研究者は、世界各地のオオズアリ属の300種の遺伝子シーケンスを比較した。その上で研究チームはこのシーケンスを使ってそれぞれの種が新種になった時期と場所を示す系統樹を再構成した。同時に、学術文献、世界中の博物館、大規模なデータベースを検索し、地球上のオオズアリ属のアリ、1,200種ほどのすべてについて、その生息地に関してデータを集め、種ごとの生息地域図を作成した。


その研究の結果が2014年11月26日付「Proceedings of the Royal Society Series B」のオープンアクセス論文集オンライン版に掲載されており、研究の成果から、オオズアリ属は、まず新世界で大きく広がるために一度進化し、さらに旧世界でも同じように進化していたことが明らかになった。Dr. Economoらは、研究の手始めにオオズアリ属の個々の種のサンプルとなるアリを選び出した。その作業が終わると各サンプルのDNAシーケンシングを行い、種間の遺伝的近似性を判定し、コンピュータを使ってオオズアリ属の種の「系統樹」を再構成、その進化史を明らかにした。

取るに足りないような小さな昆虫の集団についてこのように大規模な作業をするのはやり過ぎにも見えるが、現に多くの生態学者が、進化過程やアリの生息する陸上生態系を究明する作業でアリを対象にしている。Dr. Economoが、「アリはテスト・ケースとして最適」と述べているように、この昆虫は地球上のほとんどすべての陸上生態系で豊富に生息しており、そのバイオマスは脊椎生物すべてを合わせた規模に匹敵するということもざらにある。
アリは土壌通気性改善、栄養循環、種子の散布など重要な役割を負っている。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー