難治性の慢性湿疹のかゆみに対する新たな治療標的が特定された

2021
4月 23
(金)
08:00
皮膚科学のバイオニュース

難治性の慢性湿疹のかゆみに対する新たな治療標的が特定された

湿疹、またはアトピー性皮膚炎(AD)は、"発疹する痒み "と呼ばれることがある。多くの場合、発疹が出る前にかゆみが始まり、多くの場合、皮膚疾患のかゆみは本当に消えることはない。米国では、約960万人の子どもと約1,650万人の大人がADに罹患しており、患者のQOL(生活の質)に深刻な影響を与えている。掻きたくなるような不快な感覚については多くのことが解明されているが、慢性的な痒みについては多くの謎が残されており、治療の難しさが指摘されている。
2021年3月30日にPNASのオンライン版に掲載された、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院とハーバード・メディカル・スクールによる論文は、痒みの根本的なメカニズムについて新たな手がかりを提供するものである。この論文は「CysLT2R受容体はロイコトリエンC4主導の急性および慢性のかゆみを媒介する(The CysLT2R Receptor Mediates Leukotriene C4-Driven Acute and Chronic Itch)」と題されている。

この研究成果は、システインロイコトリエン受容体2(CysLT2R)と呼ばれる重要な分子が、難治性の慢性的なかゆみに対する新たな標的となる可能性を示唆している。共同執筆者のK. Frank Austen博士(ブリガム大学アレルギー・臨床免疫学部門上級医師)は、「アトピー性皮膚炎では、かゆみがひどく、病気を悪化させることがある」と述べている。Austen博士は、ハーバード・メディカル・スクールのアストラゼネカ名誉教授(呼吸器・炎症疾患)でもある。「1つは科学への興味で、私は数十年前に現在のシステインロイコトリエン経路の研究に迷い込み、それ以来ずっと追求してきた。2つ目の理由は痒みで、その原因と神経細胞との関連性を理解することだ」。
Austen博士と彼の研究室は、アレルギー性炎症の原因となる分子成分を研究しており、ハーバード・メディカル・スクール(HMS)の免疫学助教授であるIsaac Chiu博士と共同で研究を行った。このチームには、マサチューセッツ総合病院(MGH)の免疫学・炎症疾患センターとテキサス大学ダラス校の研究者も参加している。
本研究の共同責任者であるChiu博士は、「神経免疫学者として、神経系と免疫系がどのようにクロストークしているかに興味がある」と述べている。「痒みは神経細胞のサブセットから生じ、急性の痒みは、皮膚を刺激している何かを取り除くための防御反応であると考えられる。しかし、慢性的なかゆみは防御反応ではなく、病的なものである可能性がある。神経細胞を活性化して慢性的なかゆみを引き起こす根本的なメカニズムはよくわかっておらず、新しい治療法が必要だ。」

 

続きを読む
ここから先は会員限定のコンテンツです
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(354)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    デッドボリュームわずか 6uL の次世代ディスペンサー MANTIS はマイクロダイアフラムポンプ搭載の分注ヘッドが6種類の異なるサンプル試薬を高精度自動分注します。弊社独自のマイクロダイアフラムはポンプ内の液量を固定化することで精密な分注を実現します。エアフローによりダイアフラムポンプを開閉するのでサンプル試薬の非接触超精密分注を可能にし、クロスコンタミを回避します。もっと読む

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム