学習能力におけるノエリンタンパク質の新たな役割

学習能力におけるノエリンタンパク質の新たな役割

フライブルク大学医学部のベルント・ファクラー博士(Prof. Dr. Bernd Fakler)を中心とするドイツ・アメリカの研究チームは、哺乳動物の脳における学習と記憶形成におけるNoelin1-3タンパク質の大きな影響を明らかにしました。この詳細な研究の結果は、2023年8月16日にCell Pressが発行するNeuron誌に掲載されました。

筆頭著者は、フライブルクの生理学研究所のサミ・ブドカジ博士(Dr. Sami Boudkkazi)とヨッヘン・シュヴェンク博士(Dr. Jochen Schwenk)、およびアメリカの国立衛生研究所のナオキ・ナカヤ博士(Dr. Naoki Nakaya)です。公開されている論文のタイトルは「A Noelin-Organized Extracellular Network of Proteins Required for Constitutive and Context-Dependent Anchoring of AMPA-Receptors(ノエリンが組織する細胞外ネットワークのタンパク質は、AMPA受容体の固有および文脈依存的な固定に必要です)」となっています。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー