エキソソームが脳細胞と回路の形成に深い役割を果たし、発達性脳障害の治療と診断に寄与する可能性をスクリプス研究所が示唆。

2019
8月 1
(木)
11:00
先端診断のライフサイエンスニュース

エキソソームが脳細胞と回路の形成に深い役割を果たし、発達性脳障害の治療と診断に寄与する可能性をスクリプス研究所が示唆。

ジェット機の下から荷降ろしされるたくさん詰め込まれたスーツケースのように、エキソソームと呼ばれる生物学的小包は、体内のすべての細胞から継続的に展開され、これらを送り出すことによって細胞はタンパク質および遺伝物質を介して互いに通信をする。 単に細胞の「ゴミ」の微小な袋であると考えられていたエキソソームは、今や我々の健康にとって非常に重要なものであると理解されている。近年の研究では、癌やアルツハイマー病などの神経変性疾患の蔓延に関連した分子を輸送することを示している。 しかし、最近まで、脳の発達におけるエキソソームの役割は謎のままだった。

2019年7月22日にPNASのオンライン発表された新しい研究では、スクリプス研究所のHollis Cline博士(写真)と彼女の同僚は、エキソソームがニューロンや神経回路の発達に不可欠なだけではなく、発達障害の影響を受けた脳細胞の健康を回復することができることを示すことによって知識の溝を埋めようとしている。このオープンアクセスのPNASの論文は、「エキソソームは神経発生と回路構築を調節する(Exosomes Regulate Neurogenesis and Circuit Assembly.)」と題されている。

「脳の発達のさまざまな段階において、細胞間のシグナル伝達が不可欠だ。我々は、エキソソームがこれらのシグナルを伝達する方法の1つであることを見出した。」と、スクリプス研究所の神経科学部門の共同議長であり、スクリプス研究所のDorris Neuroscience Centerのディレクターを務めるCline博士は語った。

私たちの体は細胞内および細胞間で異なる物質を行き来させるために「ベシクル」と呼ばれる球形の容器を使用している。 エキソソームは、さまざまな生物学的積荷(脂質、タンパク質、RNA)を細胞間で輸送することを目的としたベシクルの一種だ。 Cline博士の研究は、特にタンパク質がエキソソームの細胞間シグナル伝達能力に関与していることを明らかにした。

彼女の研究チームは、健康なヒト神経細胞からのエキソソームと、自閉症のような症状を引き起こす遺伝的に発生する発達上の脳障害であるレット症候群の疾患モデルからのエキソソームを調べた。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(355)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



機能性食品素材成分等の免疫賦活作用に関するエビデンスデータ取得を支援するマクロファージ受託評価試験サービスを提供しています。 これまでに自然免疫応用技研では様々な企業様から免疫活性化成分(βグルカン、乳酸菌、クロレラ等)の評価試験を受託した実績を有しています。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3281人
2019年08月20日 現在
新メンバー
52-24 2019/8/20
みわんこそば 2019/8/20
ttsuji 2019/8/19
mater 2019/8/14
HKSRDC 2019/8/13
kyo03 2019/8/13
Messi 2019/8/9
のん 2019/8/9
メッシ 2019/8/9
Anton Pa 2019/8/8
aiueo 2019/8/6
タムタム 2019/8/5
栄ちゃん 2019/8/3
しの 2019/7/31
よしおか 2019/7/30
28 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 28
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。