抗生物質耐性感染症に朗報!AIアルゴリズムで新薬発見、MITとマクマスター大学の共同研究

抗生物質耐性感染症に朗報!AIアルゴリズムで新薬発見、MITとマクマスター大学の共同研究

マサチューセッツ工科大学(MIT)とマクマスター大学(カナダ)の研究者は、最新のニュースによれば、人工知能のアルゴリズムを活用して、薬剤耐性感染症の主要な原因となる一種の細菌に対抗できる新たな抗生物質を発見しました。この発見により、肺炎や髄膜炎などの深刻な感染症を引き起こすアシネトバクター・バウマンニ(画像)という細菌に対して有効な治療薬が開発され、将来的に患者の治療に使用される可能性があります。

アシネトバクター・バウマンニは、イラクやアフガニスタンの負傷兵の感染症の主な原因となっており、病院内でも長期間生存し、抗生物質耐性遺伝子を環境から取り込むことができる特性を持っています。この細菌について、マクマスター大学の生化学・医科学助教授であり、かつてMITのポスドクであったJonathan Stokes博士は次のように述べています。「アシネトバクターは、病院のドアノブや器具の表面などで長時間生存でき、環境から抗生物質耐性遺伝子を取り込む能力を持っています。」

抗生物質耐性感染症に朗報!AIアルゴリズムで新薬発見、MITとマクマスター大学の共同研究 ツイートする

おすすめの記事