敗血症診断を5つのバイオマーカーで層別化する新しい高速血液アッセイの開発に成功

2019
12月 19
(木)
12:40
先端診断のライフサイエンスニュース

敗血症診断を5つのバイオマーカーで層別化する新しい高速血液アッセイの開発に成功

敗血症の発見と治療は数十年に渡りほとんど進歩していないが、やっと前進するかもしれない。敗血症は身体全体に病原体感染の急増をもたらす致命的な医学的合併症だ。 シンシナティ小児病院医療センターの研究者は、5つのバイオマーカーを測定し、どの患者が敗血症(血液中毒とも呼ばれる)による死亡における低・中または高リスクであるかを正確に予測する新しい高速血液アッセイを開発し、テストが成功したことを報告している。

この研究の上級調査員でシンシナティ・チルドレンズのクリティカルケア医学部長である Hector Wong 博士(写真)によると、このPERSEVEREと呼ばれるこの新しい検査法により、医師は敗血症を早期に発見して層別化することができるという。
どの5つのタンパク質/遺伝子がアッセイの血液パネルの5つのバイオマーカーを構成するかを知ることにより、医師ははるかに早く、より正確に医療介入を開始できる様になる。患者を低リスク、中リスク、高リスクのグループに階層化できるだけでなく、バイオマーカー検査により、医師は特定の患者に対して適切な介入を選択できる。

Science Translational Medicine誌の2019年11月13日号に掲載されたこの論文は「小児敗血症バイオマーカーリスクモデルの前向き臨床試験と実験的検証(Prospective Clinical Testing and Experimental Validation of the Pediatric Sepsis Biomarker Risk Model.)」と題されている。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(622)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



次世代シーケンシングによる免疫レパートリーの配列決定 次世代シーケンシングは、免疫レパートリーのV領域(またはV(D)J配列)をパラレルに数百万の塩基配列決定を可能にしますが、次世代シーケンサーの多くは配列のread-lengthに限界があります。 そこでiRepertoire社では、様々なread-lengthに対応したヒト・マウス免疫細胞のCDR3領域をカバーするマルチプレックスPCRプライマーセットを供給しています。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3369人
2020年01月20日 現在
新メンバー
kimiya 2020/1/17
cacao 2020/1/16
miya3 2020/1/16
おにく 2020/1/13
HiroK 2020/1/12
SHUSE 2020/1/9
はじめまして 2020/1/9
fskyk 2020/1/9
JUN TANA 2020/1/5
うまごん 2020/1/4
MJkawa 2019/12/26
serendip 2019/12/26
kkkkkkkk 2019/12/22
A3aaaas 2019/12/20
Type R 2019/12/17
44 人のユーザが現在オンラインです。 (32 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 44
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会