AIが抗マラリア薬DHAを骨粗しょう症治療薬と特定

AIが抗マラリア薬DHAを骨粗しょう症治療薬と特定

最近の研究で、AI(人工知能)が抗マラリア薬の一つ、ジヒドロアルテミシニン(DHA)を骨粗しょう症の治療薬として有効であることを特定しました。この研究結果は、アメリカ化学会(ACS)が発行する「ACS Central Science」誌に掲載され、研究論文のタイトルは「Deep Learning-Predicted Dihydroartemisinin Rescues Osteoporosis by Maintaining Mesenchymal Stem Cell Stemness Through Activating Histone 3 Lys 9 Acetylation(ディープラーニングによるジヒドロアルテミシニンの骨粗しょう症治療効果:メセンキマル幹細胞の幹細胞性維持によるヒストン3リジン9のアセチル化活性化)」です。

骨粗しょう症は通常、高齢者に多く見られる病気で、骨の再生を担う「オステオブラスト」と骨を分解する「オステオクラスト」とのバランスが崩れることで発生します。現在の治療法は主にオステオクラストの活動を抑制することに焦点を当てていますが、今回の研究では、骨髄メセンキマル幹細胞(BMMSCs)と呼ばれるオステオブラストの前駆細胞を活用した新たな治療法が提案されています。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

生命科学出版部 発行書籍(Kindle本)