サイトスポンサー

血流中の腫瘍DNAを検出するための革新的アプローチ

血流中の腫瘍DNAを検出するための革新的アプローチ

リキッドバイオプシーの進歩により、血液サンプル中の循環腫瘍DNAの検出が容易になり、がんの早期診断や治療の指針となる可能性があります。がん患者の血流中に一時的に循環し、すぐに分解される死んだ細胞からのDNA、つまり腫瘍DNAを捉え出すことができる血液検査を開発した企業があります。しかし、常に循環している腫瘍DNAの量は非常に少なく、この微小なシグナルを検出するのに十分な感度を持つテストを開発することは困難でした。

MITとハーバード大学のブロード研究所の研究チームは、血流中の腫瘍DNAのクリアランスを一時的に遅らせることで、そのシグナルを大幅に増幅する方法を考案しました。研究者たちは、体が血流中の腫瘍DNAを除去する能力に一時的に干渉することができる「プライミングエージェント」と呼ばれる2種類の注射可能な分子を開発しました。マウスを用いた研究では、これらのエージェントがDNAレベルを十分に高め、早期の肺転移が検出可能な割合を10%未満から75%以上に跳ね上げることを示しました。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

同じカテゴリーの記事

生命科学出版部 発行書籍(Kindle本)