一つの微生物で二重の利益を生む:持続可能なバイオ燃料とカロテノイドの同時生産

一つの微生物で二重の利益を生む:持続可能なバイオ燃料とカロテノイドの同時生産

私たちは、大きな問題を解決するために、しばしば最小の生命体に助けを求めます:微生物は食品や飲料の製造、病気の治療、廃棄物の処理、さらには汚染の浄化にも役立ちます。酵母やバクテリアは、化石燃料から伝統的に得られるバイオ燃料や化学製品を植物の糖から変換することもできます。これは、気候変動を遅らせるためのほとんどの計画の重要な構成要素です。今、ウィスコンシン大学マディソン校の研究者らは、利用されにくい植物繊維から同時に2つの化学製品を生産できるバクテリアを開発しました。そして、人間とは異なり、これらの多任務微生物は両方のことを同等にうまく行うことができます。

「私の知る限り、一つの微生物で同時に2つの貴重な製品を作ることができるのは初めてです」と、ウィスコンシン大学マディソン校のバクテリオロジー教授であり、グレートレイクスバイオエネルギー研究センター(GLBRC)のディレクターであるティム・ドノヒュー博士(Tim Donohue, PhD)は言います。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

サイトスポンサー