ダークチョコレートのストレス・炎症・気分・記憶および免疫に対する効果が新研究により示された

2018
6月 5
(火)
14:00
食品機能/栄養研究のライフサイエンスニュース

ダークチョコレートのストレス・炎症・気分・記憶および免疫に対する効果が新研究により示された

新しい研究によると、特定の種類のダークチョコレートを食べると健康上の恩恵があるかもしれない。 サンディエゴで行われたExperimental Biology 2018年次会議(2月21-25日)で発表された2つの研究結果は、高濃度のカカオ(カカオ70%、有機砂糖30%)を含むダークチョコレートを摂取すると、ストレスレベル、炎症、気分、記憶、および免疫にポジティブな効果が見られた。 カカオがフラボノイドを多く含むことはよく知られているが、認知、内分泌、および心臓血管の健康をどの様にサポートするのかを特定するため、ヒト被験者で効果が研究されたのはこれが初めてである。

米国ロマリンダ大学の連合医療専門学校、精神免疫学および食品科学の研究部長 Lee S. Berk 公衆衛生学博士は、両研究の主任研究員を務めた。 「数年前から、ダークチョコレートの糖度の観点からの神経学的機能への影響を見てきた。砂糖が多いほど私たちはより幸せだ。」とBerk博士は述べた。 「短期間または長期間にわたり、通常サイズのチョコレートバーと同程度の少量のカカオの影響を見てきたのはこれが初めてのことである。

これらの研究は、カカオの濃度が高いほど認知、記憶、気分、免疫、および他の有益な効果への影響がよりポジティブなものであることを示している」カカオのフラボノイドは、脳や心臓血管の健康に有益な既知のメカニズムを有する極めて強力な抗酸化剤および抗炎症剤である。

下記の結果は「ダークチョコレート(70%カカオ)がヒトの遺伝子発現に及ぼす影響:カカオは細胞の免疫応答、神経シグナル伝達および知覚を調節する」(4月23日月曜日10: 00〜12:00、サンディエゴ・コンベンションセンター・展示ホールA〜D)で発表された。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(1457)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



特許のマルチプレックスPCR (arm-PCR)テクノロジーによるPCRバイアスを排除したDNAサンプル調製。 icubate社の自動DNAサンプル調製システムは、核酸抽出〜マルチプレックスPCR (arm-PCR)〜マイクロアレー・ハイブリダイゼーションの全工程を約3時間で自動処理可能です。 マルチプレックスPCR後の生成物は簡単に回収可能なのでNGS用ライブラリー調製にも最適です。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3226人
2019年05月27日 現在
新メンバー
Dr.Key 2019/5/25
PT knz 2019/5/24
mayopi 2019/5/23
pinal 2019/5/23
Araragik 2019/5/22
hirotomo 2019/5/21
はっつ 2019/5/20
spin12 2019/5/19
しみー 2019/5/19
tomitomi 2019/5/15
Picori13 2019/5/14
ihavenam 2019/5/14
kazuya 2019/5/13
yushino 2019/5/12
Cosmo 2019/5/10
14 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 14
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。