科学者グループ、幹細胞のランダムな“接着特異点”を再現

2013
1月 16
(水)
17:30
再生医療/幹細胞研究のライフサイエンスニュース

科学者グループ、幹細胞のランダムな“接着特異点”を再現

シェフィールド大学とカリフォルニア大学サン・ディエゴ分校の科学者は、合成発泡タイプの素材を用いて自然の細胞外基質(ECM)の生成過程を模倣する研究を進めているが、幹細胞が正しく接着するために必要なランダムな接着性を再現することに成功した。この成果は、世界中の科学者にとって、幹細胞の成長に適した接着性のあるバイオマテリアルを創り出す上で非常に重要な手がかりとなるものだ。これまで、ECM生成過程を再現する実験では接着性のある細胞を均一に広げるだけだったために、幹細胞が組織細胞にまで成熟し最大限度まで成長することを妨げてきた。

 

続きを読む
ログインしてください
  •      


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(3929)

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



ビオチン化タンパク質を10分で簡単に精製できるスピンカラムです。 従来のストレプトアビジンと同様の強固な結合は保持しつつ、ビオチンを添加するだけで簡単にアガロースビーズからビオチン化タンパク質を溶出できます。もっと読む
運営会社:バイオアソシエイツ株式会社

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。

  •      

登録ユーザー数
3343人
2019年11月23日 現在
新メンバー
BOS2016 2019/11/23
ks1991 2019/11/21
ひろ 2019/11/14
すなねずみ 2019/11/12
ryuusei 2019/11/12
mommy 2019/11/12
akitsu-n 2019/11/11
Kunio 2019/11/8
kmatsu 2019/11/7
itohhh 2019/11/7
sugiyann 2019/11/6
daisuke 2019/11/6
mille 2019/11/5
Pengust 2019/11/1
c710082 2019/10/28
16 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 16
抗体よもやま話
質量分析屋のネタ帳
創薬よ何処へ
バーチャル展示会