フォスファイトの謎:25億年前のエネルギー源が現代の研究で明らかに

フォスファイトの謎:25億年前のエネルギー源が現代の研究で明らかに

物語は1980年代の終わり、ある1枚の紙から始まります。この紙には、科学者が化学化合物のフォスファイトをリン酸に変換すると、細胞のエネルギー運搬体であるATP分子を生産するのに十分なエネルギーが放出される計算式が書かれていました。このように、微生物は自らをエネルギーで支えることができるはずです。地球上のほとんどの生物とは異なり、微生物は光や有機物の分解によるエネルギー供給に依存していません。科学者は実際に、そのような微生物を環境から分離することに成功しました。そのエネルギー代謝は、計算通りにフォスファイトの酸化からリン酸に変わるものでした。しかし、生化学的メカニズムは具体的にはどのように機能するのでしょうか?残念ながら、このプロセスの背後にある生化学を理解するために必要な鍵となる酵素は隠されたままであり、そのため多くの年月を経ても謎は解明されませんでした。

この間に、その紙は引き出しの中に残り、研究アプローチは後回しにされました。しかし、その考えは科学者の頭から離れることはありませんでした。その科学者は、ドイツのコンスタンツ大学のリムノロジー研究所のベルンハルト・シンク教授(Bernhard Schink)です。彼が紙に計算を行ってから約30年後、思いがけない発見が再び事態を動かし始めました。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

生命科学出版部 発行書籍(Kindle本)