【バイオマーケットjp】QuanRecovery Glyco Works ペプチド、タンパク質 低吸着バイアル&プレート|日本ウォーターズ

QuanRecovery Glyco Works

ペプチド、タンパク質 低吸着バイアル&プレート

出展企業:日本ウォーターズ株式会社

この製品ページを483人が閲覧しました

非特異的吸着によるペプチドおよびタンパク質の損失を防ぐ
QuanRecovery Glyco Worksのイメージ
QuanRecovery Glyco Works

サンプルの損失を招く可能性のある化合物と表面の相互作用を最小限に抑えることで、化合物の回収率、感度、および再現性を向上させるように開発された新しい革新的なテクノロジーMaxPeak High Performance Surfaces(HPS)を採用しています。

非特異的結合とイオン性相互作用によるサンプルロスを減らすことにより、LC-MSによるペプチドおよびタンパク質定量における回収率、感度および再現性の要件を高いレベルで達成可能にします。これにより分析結果に対する信頼性が高まり、長期アッセイの再現性を改善します。

特にLC-MSを使用する分析者向けに、少量のサンプルをより効率的に使用できるように、最小残存量が少ないオートサンプラーに対応した設計です。

QuanRecovery Glyco Worksのお問い合わせ   QuanRecovery Glyco Worksのお問い合わせ
日本ウォーターズ株式会社へ直接お問い合わせできます
“ダウンロード”

【QuanRecovery Glyco Worksのお役立ち資料のダウンロード】

QuanRecovery Glyco Worksの資料をダウンロードできます;

バイオ医薬品分析分析例
血清中のプラムリンチド分析例

“ダウンロード”

ダウンロードリンクをメールで送信します。 ≫ 日本ウォーターズ株式会社

ログインすると登録情報が自動挿入されます

利用規約

lifescience products

QuanRecovery Glyco Worksの特徴

バイアル表面の相互作用を最小限に抑える革新的なテクノロジーにより、ペプチド、タンパク質の吸着をブロック LC-MS/MSなどの高感度分析においても低濃度から高い回収率 LC-MS分析用に設計された700μ¬L 96ウェルプレートおよび300μ¬Lサンプルバイアル

高濃度および低濃度での非特異的結合を大幅に削減
(吸着しやすいペプチドを溶解後それぞれの容器に4℃で24時間保存した後分析したクロマトグラム)

本ページ記載の会社名・製品名等は各社の商標または登録商標です。

日本ウォーターズ株式会社へ直接お問い合わせできます

ログインすると登録情報が自動挿入されます

リクエスト内容




利用規約

QuanRecovery Glyco Worksに関するお問い合わせ


ログインすると登録情報が自動挿入されます

リクエスト内容




利用規約

“口コミ”

QuanRecovery Glyco Worksに関する【口コミ】

投票数:5 平均点:8.00

この製品についてお薦めする理由を投稿してください(要ログイン)

  •      



  •   »  QuanRecovery Glyco Works (2019-7-19)

製品カテゴリー


運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
  •      

登録ユーザー数
3321人
2019年10月19日 現在
17 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 製品ページ を参照しています。)
登録ユーザ: 0 ゲスト: 17
バーチャル展示会