非特異的吸着によるペプチドおよびタンパク質の損失を防ぐ


サンプルの損失を招く可能性のある化合物と表面の相互作用を最小限に抑えることで、化合物の回収率、感度、および再現性を向上させるように開発された新しい革新的なテクノロジーMaxPeak High Performance Surfaces(HPS)を採用しています。

非特異的結合とイオン性相互作用によるサンプルロスを減らすことにより、LC-MSによるペプチドおよびタンパク質定量における回収率、感度および再現性の要件を高いレベルで達成可能にします。これにより分析結果に対する信頼性が高まり、長期アッセイの再現性を改善します。

特にLC-MSを使用する分析者向けに、少量のサンプルをより効率的に使用できるように、最小残存量が少ないオートサンプラーに対応した設計です。


主なポイント


  • バイアル表面の相互作用を最小限に抑える革新的なテクノロジーにより、ペプチド、タンパク質の吸着をブロック
  • LC-MS/MSなどの高感度分析においても低濃度から高い回収率
  • LC-MS分析用に設計された700μ¬L 96ウェルプレートおよび300μ¬Lサンプルバイアル

技術情報


高濃度および低濃度での非特異的結合を大幅に削減

(吸着しやすいペプチドを溶解後それぞれの容器に4℃で24時間保存した後分析したクロマトグラム)

QuanRecovery



資料ダウンロード


参考資料

バイオ医薬品分析分析例

参考資料

血清中のプラムリンチド分析例 アプリケーションノート

ダウンロードURLをメールでお知らせします

下記フォームにご記入下さい。(1分)

日本語で入力してください。
所属先を入力してください。
所属部署を入力してください。
不正な入力です。
不正な入力です。