ライフサイエンス研究メディア

バイオマーケットjpはバイオ・ライフサイエンス研究に役立つ情報を発信するWebメディアです

登録ユーザーの方はログインしてください。出展企業へのお問い合わせや資料ダウンロードが簡単になります。

Cell Lysate,血清などのクルードサンプルの画期的な前処理


蛋白質前処理カートリッジ「S-Trap」はプロテオミクスでのショットガン解析、SRM(MRM)定量解析に最適です。

SDSは使いたいけどMSには入れたくない不溶部分を捨てていませんか?


主なポイント


  • 高濃度のSDSを用いるため不溶画分なく可溶化が可能
  • SDS、塩、PEG、グリセロールなども処理中に除去
  • セルライセート、血清、免沈サンプル、組織などあらゆるサンプルに共通でかつ1つのプロトコル
  • トリプシンなど様々な消化酵素が使用可能
  • サンプルの前処理は1時間以内で完了し再現性もよいので標準化が可能

技術情報


  • 可溶化(SDS 5%~15%)
  • クリーンアップ(SDS 除去、脱塩、PEG、グリセロール)
  • 濃縮
  • 酵素消化(迅速かつ再現性のよい消化)
  • サンプル前処理の標準化(処理時間:1時間以内)
strap01
strap02







資料ダウンロード