バイオセパレーションツール(装置・試薬キット・受託)のバーチャル展示会【バイオマーケットjp】

 >  バイオセパレーション

バイオセパレーション

UPLC(超高速高分離液体クロマトグラフィー)、ビオチン化タンパク質精製スピンカラム、アフィニティークロマトグラフィー・サイズ排除クロマトグラフィー(SEC)等、様々なバイオセパレーションツールをご紹介しています。


”ライフサイエンスバーチャル展示会サブカテゴリーコーナー”

バイオセパレーション関連のコンテンツ

  • BioResolve SCX mAbカラム:抗体チャージバリアントのイオン交換分析

    チャージバリアント分析を大きく改善する新カラム

    出展者:日本ウォーターズ株式会社

                    バイオセパレーションのイメージ

    チャージバリアント分析には、分離の難しさ、長時間の分析、短いカラム寿命など多くの問題が存在します。ウォーターズは、昨年発表したタンパク質向け逆相カラムBioResolve RP mAb Polyphenylに引き続き、イオン交換においても現状の分析を大きく改善する新カラムを開発しました。

  • BioResolve RP mAb Polyphenyl カラム:インタクトタンパク質およびそのサブユニットの逆相分離カラム

    タンパク質分離をより確かに - タンパク質の分離に関わる様々な問題を解決する新規カラム

    出展者:日本ウォーターズ株式会社

                    バイオセパレーションのイメージ

    高い分子量と、複雑な構造をもつタンパク質の分析には多くの困難が伴います。

    粒子径2.7 μmのソリッドコアパーティクル、新規官能基を採用することにより、分離の向上のみならず、キャリーオーバーの改善も実現させ、同時に、タンパク質の逆相分離で一般的に用いられる高温、イオンペア試薬に由来する問題も低減します。

    また、ガードカラム、タンパク質分析に特化したスタンダードもラインアップしており、初めてタンパク質分析を行う際にも安心な手順書、分析例など、サポートも充実しています。

  • ACQUITY UPLC H-Class Bio :生体高分子用 バイオイナートなUPLC

    生体高分子分析のために設計されたクロマトグラフィーシステム

    出展者:日本ウォーターズ株式会社

                    バイオセパレーションのイメージ

    生体高分子分析に適した流路で設計されているため、高い回収とゼロキャリーオーバで生体高分子を変性させることなく、逆相(RP)、イオン交換(IEX)、サイズ排除(SEC)、親水性相互作用(HILIC)などのクロマトグラフィーが可能です。

    シャープで選択性の高い分離が得られ、タンパク、ペプチド、核酸、および糖鎖などのモニタリングや特性解析に威力を発揮します。

  • ACQUITY UPLC Arc Bio :生体高分子用 バイオイナートなUHPLC

    ルーチンのバイオセパレーションを効率化

    出展者:日本ウォーターズ株式会社

                    バイオセパレーションのイメージ

    ACQUITY Arc Bioシステムは、既に他のLCシステムで開発した分析法の一貫性を損なうことなく効率的かつ容易に移管できます。

    更にバイオイナート流路設計により、タンパク質との相互作用と、高塩濃度移動相使用時における腐食を最小限に抑えることで、生体高分子分析に更なる堅牢性を付与し、システム稼働時間を最大化します。

    逆相 (RP)、イオン交換 (IEX)、サイズ排除 (SEC)、親水性相互作用(HILIC)、または疎水性相互作用 (HIC) といった生体高分子の特性解析に必要な全てのクロマトグラフィーモードを同一システムで、かつ良好なサンプル回収率、低キャリーオーバー、高い堅牢性で実施可能です。

  • μPAC:ナノLC キャピラリーLC用カラム

    半導体技術で規則正しく配列された円柱状の固定相でフローを均一に制御し、高分離と堅牢性を実現

    出展者:エーエムアール株式会社

                    バイオセパレーションのイメージ

    Pharmafluidics社の「μPAC(The Micro Pillar Array Column)」は最先端のシリコンウェハーのエッチングによって製造されており、ナノテクノロジーによって規則正しく配列されたナノ円柱の表面にC18が施されたカートリッジ式カラムです。

    この独自の構造により、サンプルが均一に流れムラのない分離が可能となり、また低圧を維持したまま送液できるので、長期間の使用に耐える堅牢性を持ちます。

    50センチ、200センチのナノフローカラム(流速1.5μL/min以下)のほかにキャピラリーフロー(流速1~10μL/min)に対応した「μPAC capLC」も登場しました。

  • Auroraカラム:ナノUHPLC用カラム

    デッドボリュームをゼロにする独自設計と、1.6μm粒径のC18による高分解能を有したナノキャピラリーカラム

    出展者:エーエムアール株式会社

                    バイオセパレーションのイメージ

    IonOpticks社のAuroraシリーズカラムは、1.6 µm粒径のC18で高分離能のナノキャピラリーカラムです。

    デッドボリュームを除去するように開発された独自の設計で、シャープなピークを達成します。

  • EVOSEP ONE:プロテオミクス用HPLC

    臨床プロテオミクスを100倍強固に、10倍高速化。キャリーオーバーのない多検体プロテオミクス

    出展者:エーエムアール株式会社

                    バイオセパレーションのイメージ

    EVOSEP社は「臨床プロテオミクスを100倍強固に、10倍高速化」を信念として新しいソリューションを開発しています。

    「Evosep One」は、従来のHPLCとは異なるコンセプトを持つ革新的なHPLCとして作られました。

    専用ステージチップ「Evotip」によりキャリーオーバーなくダイレクトSPE注入。MSとカラムの汚れを最小限にします。

    プロテオミクス分野でさらなるハイスループット化を実現します。

バーチャル展示会・製品カテゴリー

製品ブランド

バイオマーケットjpは、ライフサイエンス研究者・バイオビジネス関係者のための会員制サイトです。

ユーザー登録すると...

コンテンツの全文表示・コメント投稿・各種お申し込み・ダウンロード等、

様々なユーザー専用機能をご利用いただくことができます。

 

ユーザー登録は1分で完了

ユーザー登録は無料