ACQUITY UPLC Arc Bio 生体高分子用 バイオイナートなUHPLC

情報掲載者:日本ウォーターズ株式会社
ACQUITY UPLC Arc Bio 生体高分子用 バイオイナートなUHPLC

ルーチンのバイオセパレーションを効率化


  • 既存のHPLC分析法をグラジエントテーブルの変更なく再現
  • 分析法をシームレスかつ効率的に移管、調整、改良可能
  • 操作一つで HPLC-UHPLCの両分析法を簡便に切り替え
  • 4溶媒混合機能に加えpHおよびイオン強度の単位でグラジエントを直接プログラム可能
  • ACQUITY Arc Bioシステムは、既に他のLCシステムで開発した分析法の一貫性を損なうことなく効率的かつ容易に移管できます。

    更にバイオイナート流路設計により、タンパク質との相互作用と、高塩濃度移動相使用時における腐食を最小限に抑えることで、生体高分子分析に更なる堅牢性を付与し、システム稼働時間を最大化します。

    逆相 (RP)、イオン交換 (IEX)、サイズ排除 (SEC)、親水性相互作用(HILIC)、または疎水性相互作用 (HIC) といった生体高分子の特性解析に必要な全てのクロマトグラフィーモードを同一システムで、かつ良好なサンプル回収率、低キャリーオーバー、高い堅牢性で実施可能です。
\資料配布中/

 

ACQUITY UPLC Arc Bio カタログ

お役立ち資料をダウンロードしていただけます。

分析グラフ1

 

Arc-bio01

[分析例-1]
ACQUITY UPLC Arc Bio を用いたインタクトタンパクの HIC 分離における高い繰り返し再現性。
6回の繰り返し測定において、保持時間の標準偏差<0.007分。

分析条件
移動相A:2M(NH4)2SO4in 50mM NaH2PO4/NaH2PO4 at pH7
移動相B:50mM NaH2PO4/Na2HPO4 at pH7 15分間で移動相Bを0-100%でグラジエント

 


分析グラフ2

 

Arc-bio02

[分析例2]
USP Chapter <129>に準拠したRituximabのSEC 分離。
他社LCシステム(非バイオイナートシステム)で確立した分析法を、ACQUITY UPLC Arc Bioシステムで完全再現可能。

分析条件
移動相:0.2 Mリン酸カリウム 0.25 M塩化カリウム(pH 6.2)


アンケート

 

ACQUITY UPLC Arc Bio 生体高分子用 バイオイナートなUHPLCの情報をご覧いただき誠にありがとうございました。よろしければ、ご要望・ご不明点等を把握するために下記アンケートにご協力ください。

 

選択してください。
選択してください。
不正な入力です。
不正な入力です。
日本語で入力してください。
所属先を入力してください。
所属部署を入力してください。
記入してください。
不正な入力です。
不正な入力です。
不正な入力です。

ご入力いただいた個人情報は、日本ウォーターズ株式会社より製品やセミナーのご案内をお送りする際に利用させていただきます。

 

サイトスポンサー