登録ユーザーの方はログインしてください。出展企業へのお問い合わせや資料ダウンロードが簡単になります。

チャージバリアント分析を大きく改善する新カラム


チャージバリアント分析には、分離の難しさ、長時間の分析、短いカラム寿命など多くの問題が存在します。ウォーターズは、昨年発表したタンパク質向け逆相カラムBioResolve RP mAb Polyphenylに引き続き、イオン交換においても現状の分析を大きく改善する新カラムを開発しました。


主なポイント


  • ノンポーラスポリマーをベースに新規に開発された強陽イオン交換充塡剤を使用
  • 分離と汎用性、両方の要求を充たす3 μmの粒子径
  • 高塩濃度、厳しいpH条件による腐食に耐えるチタンを用いたハードウェア
  • カラムに直結する一体型ガードカラム、pHグラジエント移動相も同時発表
  • 優れた分離、低キャリーオーバーそして高い耐久性を同時に実現
  • 煩雑な条件検討、長時間の分析、短いカラム寿命を大幅に改善

技術情報


製品紹介

02
03More-Than-Just-a-Column
04
05VanGuard






資料ダウンロード