BioResolve RP mAb Polyphenyl カラム

インタクトタンパク質およびそのサブユニットの逆相分離カラム


出展企業:日本ウォーターズ株式会社


タンパク質分離をより確かに - タンパク質の分離に関わる様々な問題を解決する新規カラム


高い分子量と、複雑な構造をもつタンパク質の分析には多くの困難が伴います。

粒子径2.7 μmのソリッドコアパーティクル、新規官能基を採用することにより、分離の向上のみならず、キャリーオーバーの改善も実現させ、同時に、タンパク質の逆相分離で一般的に用いられる高温、イオンペア試薬に由来する問題も低減します。

また、ガードカラム、タンパク質分析に特化したスタンダードもラインアップしており、初めてタンパク質分析を行う際にも安心な手順書、分析例など、サポートも充実しています。


主なポイント


  • HPLCからUPLCまで幅広いLCシステムで使用が可能
  • インタクトタンパク質、タンパク質サブユニットのより優れた分離
  • キャリーオーバーの低減
  • よりマイルドな条件の使用が可能 – カラム温度、イオンぺア試薬濃度
  • LC-MS検出における高感度化

技術情報


製品紹介

BioResolve_Column_mAb-Standards_Family-1




資料ダウンロード


参考資料

BioReslve 製品トスシート・価格表

ダウンロードURLをメールでお知らせします

下記フォームにご記入下さい。(1分)

日本語で入力してください。
所属先を入力してください。
所属部署を入力してください。
不正な入力です。
不正な入力です。