その他のLC-MS/MSの有望な臨床的な用途


2013年4月13日付のCleveland Clinicの臨床検査技師による記事は、臨床検査室でのLC-MS/MSの様々な利点を強調している。著者らは、過去10年間にLC-MS/MSが急速に普及してきた主要因として、ガスクロマトグラフィ=質量分光分析 (GC-MS) や免疫学的測定法などの検査技術に比べてLC-MS/MS の長所を挙げている。GC-MSと異なり、LC-MS/MSはやっかいなサンプル調製作業を必要としない。このサンプル調製作業はしばしば退屈な誘導体化や時間のかかるクロマトグラフィ処理時間など様々な問題がある。


事実、LC-MS/MS技術の記事を見ると、タンパク質沈殿、固相抽出、液相抽出などに5分以下のクロマトグラフィ処理時間を必要とするだけである。さらに、研究者は、「LC-MS/MSは、GC-MSと違って、標的とするサンプルの分子量や極性の制限を受けないため、MSで測定できるサンプルの種類がはるかに広がる」と述べている。そのため、LC-MS/MSは、内分泌学 (ステロイド)、治療薬物モニタリング (免疫抑制剤)、先天性代謝異常 (有機酸やアシルカルニチン)、臨床および法医学的毒物学 (薬物乱用検査), 栄養評価 (ビタミン) などのように特に難しい検査分野を含めて幅広い用途がある。
研究者チームは、「とは言え、現在臨床検査室で用いられているLC-MS/MS機器の数は他の診断分析装置と比べるとまだまだ少ないが、それにもいくつかの理由がある。まずLC-MS/MSの最大の弱点は装置の複雑さで、診断方法の開発や全面的なバリデーション、機器の保守整備には高度に熟練したラボ担当者を置かなければならない。一部のメーカーはそのために顧客を支援することもしており、カラム、キャリブレータ、コントロールなどのキットを提供しているが、LC-MS/MS機器での検査に提供されているのは自家製のアッセイに限られており、標準化はまだまだこれから解決しなければならない問題として残っている。
論文は、「この問題を混乱させているのは、LC-MS/MSアッセイのバリデーションの規準について国家的なガイドラインも幅広い合意もなく、そのためこの種のアッセイは失敗しがちだということだ。マトリクス効果のようにありふれた問題でさえ十分に解明されず、方針も立てられていないケースでは特にその傾向が強い」と述べている。

Life Science News from Around the Globe

Edited by Michael D. O'Neill

Michael D. O'Neill

バイオクイックニュースは、サイエンスライターとして30年以上の豊富な経験があるマイケルD. オニールによって発行されている独立系科学ニュースメディアです。世界中のバイオニュース(生命科学・医学研究の動向)をタイムリーにお届けします。バイオクイックニュースは、現在160カ国以上に読者がおり、2010年から6年連続で米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞しました。
BioQuick is a trademark of Michael D. O'Neill

LinkedIn:Michael D. O'Neill

 

生命科学出版部 発行書籍(Kindle本)