Xcell Biosciences Avatarシステム 生体内環境を精密に再現する細胞培養システムのご紹介・バイオストリームへのお問い合わせ|バーチャル展示会

 >   >  Xcell Biosciences Avatarシステム

Xcell Biosciences Avatarシステム

生体内環境を精密に再現する細胞培養システム

アクセス総数 570人

出展企業:バイオストリーム株式会社

細胞本来の生育環境を正確に反映した細胞培養システム
Xcell Biosciences Avatarシステムのイメージ
Xcell Biosciences Avatarシステム

Avatarシステムは、細胞の機能・外部特性・内部特性(遺伝子的特性等)を維持したまま培養できる細胞培養システムです。

採取された貴重な細胞が正常に増殖し、意味のある結果を導き出すためには本来の状態を維持する環境が必要です。Avatarシステムは、生体内環境状態を再現できる初めての細胞増殖システムです。

例えば、圧力と酸素をサンプルの種類に特異的な生体内環境状態に相当したレベルに調整できます。生体内で何が起こっているかを生体外で確認できる最良のシステムです。

AvatarシステムはO2、CO2、圧力、温度及び湿度を表示し、各項目はサンプルが生息する本来の状態に合わせて調整できます。このような革新的な機能により、以前は培養できなかったサンプルでも培養が可能となり、短時間で信頼性の高い真実の結果を導き出します。

Avatarシステムの主要な機能は、既に細胞発生、転移、循環腫瘍細胞等の分野での生物学的な解明により実証済みです。

Xcell Biosciences Avatarシステムのお問い合わせ   Xcell Biosciences Avatarシステムのお問い合わせ
バイオストリーム株式会社へ直接お問い合わせできます

lifescience products

Xcell Biosciences Avatarシステムの特徴

生物学的に関連のある結果
生理的に関連する状態の再現によって、Avatarシステムは最適な環境でサンプルを培養し、生物学的に関連する結果を導き出します。AvatarシステムはO2CO2、圧力、温度及び湿度を表示し、各項目はサンプルが生息する本来の状態に合わせて調整できます。このような革新的な機能により、以前は培養できなかったサンプルでも培養が可能となり、短時間で信頼性の高い真実の結果を導き出します。Avatarシステムの主要な機能は、既に細胞発生、転移、循環腫瘍細胞等の分野での生物学的な解明により実証済みです。

明確な違い
一般的なインキュベータ―や低酸素チェンバーとは異なり、Avatarは、低酸素と圧力の両方を制御します。各サンプルは、それぞれのサンプルに適した、生存する自然形態とほぼ同等の条件に設定でき、培養されたサンプルから確認できる最初の指標となる遺伝子発現は、真に生物学的な意味を示しています。

小型システムで容易なスケールアップ
Avatarシステムは小型で、積み重ねることが出来る設計です。必要度が高まれば、簡単にシステムを追加しスケールアップ出来ます。
 
安価な操作コスト
システムは効率性を重視した設計になっています。標準的な低酸素インキュベーターと比較してガスの消費は80%以下で、使用経費や関連経費も削減できます。

高精度で早い応答時間
このシステムは、別次元の正確度と応答を提供します。全てのコンディションは高精度に制御され、ドアを閉めた後、全てが設定条件になるのは20分以下です。この正確度と再現性は、複数のサンプルとシステムで検証しており、人的誤算はありえません。

リアルタイムモニター機能
単にボタンを押すだけで、圧力、温度、ガス混合、湿度を完全に制御し、状況はWiFi機能を持つモニターで確認できます。
 
抗菌設計
Avatarシステムの銅線チェンバーは菌の成長を抑え、コンタミネーションのリスクを最小限にします。
 
サンプル培養の新手法
AvatarシステムとXcell Biosciencesの独自のアイデアにより、サンプル本来の微小環境とほぼ同じで生物学的に殆ど同等の培養環境を実現します。圧力、低酸素、温度、及び、湿度を制御することにより、Avatarシステムは、サンプル本来の形態と分子プロファイルを維持することが出来、結果として、生体内の状態とほぼ同等で、一般的なインキュベーターとは全く異なる結果を生み出します。更に、Avatarシステムは、いままで培養できなかったサンプルも培養可能になります。

Avatarの条件は各サンプルの特異性に合わせて変更できます。
Avatarの条件は各サンプルの特異性に合わせて変更できます

膵臓がん細胞株(PANC-1)を,転移しやすい擬態状態 (低酸素と高圧) で培養した結果、免疫治療ターゲット PD-L1の発現が低下した(右のイメージ)。このような観察結果により、膵臓がんの転移疾患の進行状態を、免疫治療の耐性から予期できないだろうか ?








全遺伝子 (mRNAseq) データ解析
前立腺がん細胞株(PC-3とLNCaP)を、3種の生理的に関連した酸素と圧力の下で培養した結果、遺伝子発現レベルが従来からの培養法と比較して異なる事が明確です。














 

本ページ記載の会社名・製品名等は各社の商標または登録商標です。

“ダウンロード”

【Xcell Biosciences Avatarシステムのお役立ち資料のダウンロード】

ダウンロードを開始します ≫ バイオストリーム株式会社

登録ユーザーの方は先にログインしてください(登録情報を自動挿入します)

氏名*
ご勤務先*
所属部署*
Eメール*
お電話番号
分類 Xcell Biosciences_Avatarシステム

利用規約



友達にメールで勧める友達に伝える

バイオストリーム株式会社へ直接お問い合わせできます

登録ユーザーの方は先にログインしてください(登録情報を自動挿入します)

氏名*
ご勤務先*
所属部署*
Eメール*
お電話番号
代理店と担当者名(オプション)
リクエスト内容(複数選択可) 見積り希望 使用実績等について知りたい 他社との比較について知りたい パンフレット希望 その他
メッセージ記入欄
分類 Xcell Biosciences_Avatarシステム

利用規約

Xcell Biosciences Avatarシステムに関するお問い合わせ

登録ユーザーの方は先にログインしてください(登録情報を自動挿入します)

氏名*
ご勤務先*
所属部署*
Eメール*
お電話番号
代理店と担当者名(オプション)
リクエスト内容(複数選択可) 見積り希望 使用実績等について知りたい 他社との比較について知りたい パンフレット希望 その他
メッセージ記入欄
分類 Xcell Biosciences_Avatarシステム

利用規約

“口コミ”

Xcell Biosciences Avatarシステムに関する【口コミ】

この製品についてお薦めする理由を投稿してください(要ログイン)



    • Osteogenetics cytokines
      BMP-2において確認されています。実験系により、効果が異なることがあります。 ドイツで開発された高品質のサイトカイン 長年にわたりサイトカインや成長因子の構造・機能解析に従事し…続きを読む  (2013-10-20)  
    •   »  Xcell Biosciences Avatarシステム (2016-5-5)

    製品カテゴリー


    運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
      登録ユーザー数
      3094人
      2018年11月16日 現在
      6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 製品ページ を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 6

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。