米国臨床検査室におけるLC-MS/MS採用動向

2015
7月 15
(水)
07:00
先端診断のバイオニュース

米国臨床検査室におけるLC-MS/MS採用動向

先端診断特集に新規レポートが追加されました。

「米国臨床検査室におけるLC-MS/MS採用動向」
【主な内容】レファレンス・ラボ利用コストも上昇/検査結果の質と対コスト効果がキー・ポイント/力を持つ既成の検査法/自動化システムとFDA認可で機器の採用も迅速化が可能/LC-MSプロテオミクス検査、市販化へ/臨床利用に向けて進化するプロテオミクス /メーカー、FDAに登録: 臨床市場に向けた大きな展開/LTDから臨床へ/免疫学的測定法の交代は200億ドル市場/研究専用機種から臨床市場機種まで/Mayo Clinicが臨床検査室でLC-MS/MSを採用 etc.

先端診断特集で公開中!
http://biomarket.jp/advanced_diagnostics/clinical-mass-spec-usa/
 


この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧(4813)

コメント一覧

ohmiS  投稿日時 2015/7/21 5:28
米国の臨床検査 事情はよくわかりませんが、医療機関現場での検査は、比較的簡単でルーチン化しているものは自前の汎用機器で行い、その他は専門の臨床検査会社へ検体を送り外注するシステムと理解しています。質量分析計を活用する検査は後者に相当すると考えます。したがって、市場としては集中検査をしている大規模検査会社を狙うことになります。もし、このような検査機関へ質量分析計を導入する場合は、各々の検査項目に対して免疫化学的測定や遺伝子解析などの従来法と同時に進行させて検査データを吟味する必要があるため、メーカー側の積極的なサポートがポイントになります。テクノロジーが異なっていますから当然のことながら新しい知見が得られ、これらが従来法の結果に対してどれだけ優位かが焦点になります。このような段階を経て新しい検査方法が良いということになれば、まずは大規模検査拠点への導入と検査方法の切り替えがあって、さらに末端の検査現場への普及が進むと考えます。

バーチャル展示会:おすすめバイオ研究支援ツール



    次世代シーケンスによる融合遺伝子の検出 疾患関連融合遺伝子の数は増加の一途を辿り、その同定には次世代シーケンサー(NGS)を用いることが現実的になってきています。 しかし、一般的なライブラリ調製法では、偽陰性が生じる、大量のサンプルが必要、新規の融合を容易に検出できない、といった問題があります。 ArcherDX社では、NGS用試薬生産のノウハウに、斬新なターゲット増幅と世界レベルのシーケンス解析の技術を組み合わせ、Archerアッセイ、ワークフロー、解析プログラムを開発しました。 このアッセイは、独自のAnchored Mulitiplex PCR (AMP) を利用してターゲットエンリッチメントを行うことで、がんの発生や進行を司る様々な融合遺伝子やその他の遺伝子再構成を検出するためのライブラリを調製します。 Archer FusionPlexアッセ ...もっと読む

サイト運営者

バイオアソシエイツ株式会社

バイオアソシエイツ株式会社
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 3F
BioAssociates.co.jp

What We Do

ライフサイエンス事業向け
マーケティングサービスを提供しています


  • マーケティングリサーチ
  • コンサルティング
  • 外部連携支援
  • 科学顧問
  • マーコム