全反応を1本のチューブで行う、シンプルかつ迅速なワークフローを実現


Enzymaticsの5x WGS (Whole Genome Sequencing; 全ゲノムシーケンス) ライブラリ調製アッセイでは、次世代シーケンス用ライブラリ調製の全ての工程 (断片化を含む) を1本のチューブで行うことができます。
自在にサイズ調節可能な酵素ベースの断片化と、シンプルで迅速なワークフローにより、Illumina社の次世代シーケンサーで直ちにシーケンス可能な高品質ライブラリを2.5時間以内に調製できます。
高効率な断片化とライゲーション試薬、さらに最適化されたPCR試薬を組み合わせることで*、5x WGSライブラリ調製アッセイは、 次世代シーケンス用ライブラリ調製における品質、スピードおよび処理能力という課題に対する唯一の解決策となり得ます。

本アッセイは、EnzymaticsのISO 13485:2003品質マネジメントシステムに準拠した世界トップレベルの施設で製造されています。弊社独自の製造プロセスにより、ロット間差のない高純度製品の供給を保証します。

*PCRフリーも可能です


主なポイント


  • DNA断片化とライブラリ調製が2.5時間以内に完了
  • 使用可能なDNA量: 1 ng~1 μg
  • 酵素による断片化。物理的な断片化と同等
  • 反応時間を調節することで断片サイズを200~800 bpの範囲で変更可能
  • 異なるサンプル間、様々なGC含量のサンプル間で高い再現性
  • 低いPCR重複率
  • PCRフリーにも対応
  • IlluminaNGSシステム用

技術情報


迅速かつシンプルなワークフロー

5x WGSライブラリ調製アッセイでは、断片化、エンドリペア、およびdA付加を1回の反応で完結させることができ、その後のライゲーションも同一のチューブ内で行うことができます。


サイズ調節可能かつ再現性の高い断片化

5x WGS Fragmentation Mixを使用した断片化では、 GC含量に関わらず、超音波破砕装置を利用した物理的な断片化と同程度にバイアスが少ないことが示されています。断片化は調節可能であり、異なるアプリケーションに最適化するために、ライブラリサイズを簡単に変更することができます。


カバレッジ性能

5x WGS Fragmentation Mixは、GC含量に関わらず、シーケンスデータの均一性という点で、物理的な断片化、タグメンテーション、および他社の酵素ベースのDNA断片化法よりも優れています。サンプルが1 ngのDNAであっても同様です。

5x WGSライブラリ調製アッセイの性能を最大限活用するためには、必ず5x WGS Fragmentation Mix と 5x WGS Ligase Mix を同時に使用して下さい。




資料ダウンロード


参考資料

Enzymatics価格表 2021

参考資料

5X WGS Fragmentation Mix添付文書

参考資料

5X WGS Ligase Mix添付文書

参考資料

NGS解析用ライブラリ調整キットカタログ 2018

参考資料

カスタム製造・OEMパッケージのご提供

ダウンロードURLをメールでお知らせします

下記フォームにご記入下さい。(1分)

日本語で入力してください。
所属先を入力してください。
所属部署を入力してください。
不正な入力です。