高感度なACE2 (Hisタグ)との結合および結合阻害物質スクリーニングのプロトコールも提供しております。


新型コロナウイルスが細胞に感染する際、ウイルス表面のスパイク蛋白が細胞表面のACE2に結合します。その結合を阻害する薬剤はウイルス感染を防ぐ薬剤となります。

そのスクリーニングを行う試薬として、ビオチン化SARS-CoV-2スパイクタンパクRBD・ウサギFcタグ、ACE2細胞外ドメインタンパク(Hisタグ)、SARS-CoV-2スパイクタンパクRBD・ウサギFcタグを販売しております。

本製品(ビオチン化SARS-CoV-2 スパイクタンパクRBD, ウサギFc タグ)は、 SARS-CoV-2 Spike glycoprotein Receptor-binding domain のArg319-Phe541 の C 末端にウサギIgG1 Fc タグを付けてHEK293 細胞で発現させ、プロテインA カラムを用いて精製し、ビオチン化したものが含まれています。

高感度なACE2 (Hisタグ)との結合および結合阻害物質スクリーニングにおけるコントロール試薬として、「抗SARS-CoV-2スパイクタンパク質モノクローナル抗体(マウス)」も販売しております。本製品の関連製品もご覧ください。


主なポイント


  • SARS-CoV-2 Spike protein-ACE2複合体の阻害剤スクリーニングや活性評価
  • SARS-CoV-2 Spike protein抗体の機能評価
  • 抗体療法のための回復患者の血清の選択など

技術情報


SDS-PAGE

ビオチン化前の本製品500ngを4~20%グラジエント・ゲルで電気泳動し、CBB染色しました。

PAGE_SARS-CoV-2

Binding Assay

固相化した1µg/mLのヒトACE2蛋白(100µL/ウェル)に29-21000ng/mLのビオチン化SARS-CoV-2 スパイク蛋白RBD・ウサギFcタグを結合させ、HRP標識ストレプトアビジンで検出しました。この際の検量線において、線形範囲(リニアレンジ)は29-798ng/mLでありました。

Assay_BiotinylSARS-CoV-2




資料ダウンロード


参考資料

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)受容体結合試験用試薬 フライヤー

参考資料

プロトコール:SARS-CoV-2 スパイク蛋白とACE2 とのバインディングアッセイ

参考資料

添付文書:ヒト ACE2 蛋白・His タグ

参考資料

添付文書:抗SARS-CoV-2スパイクタンパク質抗体(中和抗体)

参考資料

添付文書:ビオチン化SARS-CoV2スパイクタンパクRBD製品

参考資料

添付文書:SARS-CoV2スパイクタンパクRBD製品

ダウンロードURLをメールでお知らせします

下記フォームにご記入下さい。(1分)

日本語で入力してください。
所属先を入力してください。
所属部署を入力してください。
不正な入力です。