核酸サンプルの長期室温安定保存が実現します   


多くの特許を保有する、Active Chemical Protection (ACP) 技術は、生物学的微小環境外の条件にさらされたときにRNA、DNA、およびタンパク質構造の変性や分解を防ぐ独自の組成化学物質で構成され、この技術により、生体高分子がそれらの三次元構造を維持し、機能的に活性を維持することを可能にします。ACP技術によるDNA及びRNAの室温での長期保存試薬は、それにサンプル溶液を加えるだけで、即座にDNaseやRNaseを不活性化し、サンプル中のDNA/RNA分解を止め、加水分解や酸化を防ぎ、室温で数年間長期間安全に保護します。従って、単に保存だけではなく、郵送時のドライアイスや冷媒が不要になります。
また、保存後のDNA/RNA回収は非常に簡単です。単に、水を加えるだけで100%回収でき、直ぐに次の多様なアプリケーション分析で使用できます。


主なポイント


  • 室温でDNA/RNAサンプルの長期保存や輸送が可能
  • DNA/RNAサンプル輸送時のドライアイスが不要
  • 水の添加でDNA/RNAを簡単に回収
  • 回収したDNA/RNAを各分析にそのまま使用可能

技術情報


gentegra
  • 種々の環境(水、熱、酸素など)、ヌクレアーゼ、およびプロテアーゼにさらされると、生体分子構造が分解され変性します。
  • GenTegra ACPは、RNA、DNA、およびタンパク質が変性および分解されるのを防ぎます。これにより、分子は機能構造を維持できます。
  • ACPは、さまざまな用途で生体分子を保護するために複数のアプリケーションで利用できます。


室温での安定性データ

gentegra1

室温(25℃)及び各温度で6ヶ月間GenTegra DNAで保存されたゲ ノムDNAの分析結果( 250ng / レーン )

gentegra2

GenTegra DNAを用いたゲノムDNAを、まず3通りの異なる温 度で7ヶ月間保存後、引き続き4年間室温で保存した結果 ( 100ng / レーン )

gentgra3

精製したHeLa RNAを、それぞれ水、クエン酸溶液、EDTA溶液で溶解したサンプルとGenTegra RNAを混合し、乾燥後に6ヶ月間間 25℃、37℃、56℃で保存。 GenTegra RNA無添加の各冷凍保存サンプルを比較として使用。 Agilent Bioanalyzer ( RIN ) でのハイスコアがGenTegra RNAの性能を実証している。


GenTegra GTR-STMのデータ

gentegra4

簡単なワークフロー

gentegra5




資料ダウンロード


参考資料

GenSaver リーフレット2017

参考資料

GenTegra DNAリーフレット

参考資料

GenTegra RNAリーフレット

参考資料

GenTegra 価格表2021

参考資料

GentegraGensolve リーフレット2017

参考資料

GenTegra カタログ

参考資料

Gensolve complete フライヤー2017

参考資料

GenPlates フライヤー2017

ダウンロードURLをメールでお知らせします

下記フォームにご記入下さい。(1分)

日本語で入力してください。
所属先を入力してください。
所属部署を入力してください。
不正な入力です。