特許のCAT5TM技術による、より低温で温和な条件下での処理


フォルムアルデヒドの使用により、核酸は高領域に渡って化学修飾が生じ ます。現状の手法では、その様なFFPEサンプルからの核酸回収には高温 での処理が行われるため、その結果、核酸の分解を促進し、十分な回収結 果が得られません。
一方、CellData Sciences社は特許のCAT5TM技術に より、より低温で温和な条件で科学的に修飾を取り除き、その結果、高収率 で高品質の核酸が得られます。
フォルマリン固定組織 ( FFPE )サンプルからの高純度DNA及びRNA抽出は 非常に困難で、その結果、回収後の増幅収率が低くなり、各解析データの 結果の質も悪くなります。
これは、フォルムアルデヒドによる対象DNA・RNA への付加や架橋反応が起因しています。従来からの回収手段は高温処理 の為に、加水分解により塩基修飾部での分解が促進されます。
一方、CellData Sciences社で開発した抽出キットは、特許のCAT5TM技術 を取り入れ、より低温で温和な条件での処理により、高品質のDNA・RNAの 回収が可能となります。


主なポイント


  • 高品質・高収量核酸回収
  • 簡単なプロトコール

技術情報


高収率のRNA回収

celldata_rna


高品質で長鎖のRNA回収

RNAstorm™ キットを用いて回収されたRNAはより長鎖であることが確認できます
下図は、一般的な他社キットとの現実的な比較結果になります
(Agilent Bioanalyzer RNA 6000 nanoを使用)見出し

celldata_rna1

DV200の増加 (200 nt以上のRNAのパーセンテージ) は種々の組織サンプルで確認できます。


簡単なプロトコール

RNA

製品情報

アプリケーション RNAseq, PCR, qPCR/RT-PCR, Microarray,その他
キット内容 スピン・カラムを含む必要な全試薬。50サンプル分
DNAse処理ステップ 含む
対象サンプル パラフィン固定サンプル
通常サンプル使用量 1-4 切片 ( 各5-10 μm )
回収RNAおよびDNAタイプ 全RNA( miRNAも含む)及び全DNA。同一サンプルからのRNA及びDNAの回収可能
処理時間 約50分




資料ダウンロード


参考資料

CELLDATA カタログ

参考資料

Catalytic Nucleic Acid Isolation from Challenging FFPE Samples

参考資料

参考文献

ダウンロードURLをメールでお知らせします

下記フォームにご記入下さい。(1分)

日本語で入力してください。
所属先を入力してください。
所属部署を入力してください。
不正な入力です。