特定遺伝子の発現が若々しい肌のカギか? その発現パターンが突き止められる

2017
12月 14
(木)
14:00
遺伝子研究のライフサイエンスニュース

特定遺伝子の発現が若々しい肌のカギか? その発現パターンが突き止められる

生活年齢に比べてが若く見える人がいる。クリーム、ローション、薬液注射、外科手術などでこのように若々しいを実現しようとする人は多いが、2017年11月14日付Journal of the American Academy of Dermatologyオンライン版に掲載された新しい研究論文は、このように若々しくみずみずしいは、特定の遺伝子発現の高さがカギになっているようだとしている。

JAADの研究論文は、「Age-Induced and Photoinduced Changes in Gene Expression Profiles in Facial Skin of Caucasian Females Across 6 Decades of Age (白人女性の顔面皮膚の遺伝子発現プロフィールの60年間にわたる加齢性および感光性変化)」と題されている。Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical Faculty Physiciansのdermatologistであり、PresidentとCEOを兼任するAlexa B. Kimball, MD, MPHは、Massachusetts General Hospital所属期にこの研究を進めており、研究論文の筆頭著者を務めている。同氏は、この論文で、「これは持って生まれた遺伝子の問題ではなく、生活している間にどの遺伝子がオンになり、どの遺伝子がオフになるかということである。加齢に影響を受ける様々な皮膚のプロセスを突き止めており、生活年齢より若く見える女性に特有の遺伝子発現パターンを発見した」と述べている。 

老化する皮膚の包括的なモデルをつくるため、Dr. Kimballの研究チームは、20歳から74歳までの白人女性158人の日光にさらされた皮膚 (顔面と前腕) と日光から守られていた皮膚 (臀部) から、分子レベル、細胞レベル、組織レベルのデータを集め、総合した。研究の一環として、生活年齢より若く見える女性に共通の遺伝子発現パターンを探した。顔面の皮膚の外見をデジタル写真で撮影し、分析した。また皮膚のサンプルを解析処理し、遺伝子型判定のために唾液のサンプルを採取した。解析の結果、20代から70代の間に酸化ストレスエネルギー代謝老化皮膚バリアなどに関するパスウェイに急速な変化があることが分かった。

このような変化は60代から70代にかけて加速される。日光にさらされた皮膚と日光から守られていた皮膚のサンプルを比較した結果、特定の遺伝子変化は光老化による可能性が考えられた。この研究で若く見えた女性の遺伝子発現パターンは、実際に生活年齢で若い女性の遺伝子発現パターンとよく似ており、生活年齢より若く見える女性達は、DNA修復、細胞複製、酸化ストレスに対する応答、タンパク代謝などの基礎的な生物学的プロセスに関わっている遺伝子の活動が活発化していたのである。

 

続きを読む
ログインしてください


    この記事が役に立つたらぜひシェアしてください!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    «
    »

    閲覧(914)

    おすすめ製品・サービス

    ArcherDX FusionPlex融合遺伝子検出アッセイ
    次世代シーケンスによる融合遺伝子の検出 疾患関連融合遺伝子の数は増加の一途を辿り、その同定には次世代シーケンサー(NGS)を用いることが現実的になってきています。 しかし、一般的なライブラリ調製法では、偽陰性が生じる、大量のサンプルが必要、新規の融合を容易に検出できない、といった問題があります。 ArcherDX社では、NGS用試薬生産のノウハウに、斬新なターゲット増幅と世界レベルのシーケンス解析の技術を組み合わせ、Archerアッセイ、ワークフロー、解析プログラムを開発しました。 このアッセイは、独自のAnchored Mulitiplex PCR (AMP) を利用してターゲットエンリッチメントを行うことで、がんの発生や進行を司る様々な融合遺伝子やその他の遺伝子再構成を検出するためのライブラリを調製します。 Archer FusionPlexアッセ ...

    おすすめ製品・サービス

    Mantis 次世代分注ディスペンサー <動画で紹介中!>
    デッドボリュームわずか 6uL の次世代ディスペンサー MANTIS はマイクロダイアフラムポンプ搭載の分注ヘッドが6種類の異なるサンプル試薬を高精度自動分注します。弊社独自のマイクロダイアフラムはポンプ内の液量を固定化することで精密な分注を実現します。エアフローによりダイアフラムポンプを開閉するのでサンプル試薬の非接触超精密分注を可能にし、クロスコンタミを回避します。
    運営会社:バイオアソシエイツ株式会社
      登録ユーザー数
      2966人
      2018年04月22日 現在
      33 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが バイオクイックニュース を参照しています。)
      登録ユーザ: 0 ゲスト: 33
      抗体よもやま話
      質量分析屋のネタ帳
      創薬よ何処へ
      アクセスカウンター
      DATEVisits/PVs
      2018/04/22:688/5887
      2018/04/21:719/18607

       

      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      バイオマーケットjpのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。引用される場合は出典元リンクの記載をお願いします。